« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月30日 (木)

手術の話

先日の記事では、沢山の方が自分のことのように結果を喜んでくださり、感謝の気持ちで一杯です。

本当に本当にありがとうございますm(_ _)m

これからもよい報告ができるように、頑張りますねsign03

さて、ペプチドの8回目を打ってきました。

今回もペプチドを打った太ももが赤く腫れて、痛いです・・・sweat02

そして、翌日にまた37.5度の熱が出たのですが、今回はなかなか下がらなくて微妙に辛かったですねぇ。

今日は、まだだるさが残っていますが、熱はないので助かりますhappy01

先日の診察では、先生が手術の話をしてくれました。

腫瘍が大きいので、かなり大掛かりな手術になること。

植皮が必要だが、私のような状態では太ももから皮膚をとる方法だと、皮膚が薄くてペラペラになってしまう上につきが悪い可能性があるので、お腹から脂肪と一緒に移植する方法がいいとのこと。*太ももの皮膚を移植するというのはメジャーな方法のようですよ。私の場合は、それでは対応しきれないということのようで・・・(^-^;

つまり、お腹の肉を使った同時再建と同じような手術になるようです。

内臓のがんの進行が弱まって、同時再建できちゃったらすごくラッキーじゃない?とか思ったりもしますが、手術にはそれなりのリスクもあるので、今はまだ決断できません。先生も、今やるのがいいのかどうかはまだちょっと判断できない、とのこと。

今現在、この飛び出したしこりさえ我慢すれば、どこも痛いところはない。

手術すれば、リンパ節もガッツリとるそうなので、リンパ浮腫の可能性もあるし、胸の傷は痛いし、お腹も痛いしで、結構大変。入院も1ヶ月くらいになるそうです。

私としては、もう少し治療を続けて様子を見て考えようと思っているのですが、胸のしこりの方は大きくなってきちゃってるんですよねー。

子分みたいな小さいしこりも沢山できてるしsweat01

これからジワジワ治療の効果が出てきてくれることを期待したいのですが、XC療法も効いてないってことじゃないの?と思いますし、最初はペプチドも効いたけどまたがんの勢いの方が強くなってしまったんじゃないか・・・とか、よくないことを考えてしまいます。あー、イヤダbearing

今の病院には、とても幸運なことに乳房再建のスーパードクターと言われている形成外科の先生がいらっしゃるようです。(全然知らなかったのですが)
こういう先生がいてくださると、植皮の手術もなんだか安心ですよね。

ペプチド先生は、私が気にしていることなどを先手先手で聞いてくれますし、手術のタイミングについても常に考えてくださっているのがわかるので、診察後に不安感が残ることがありません。ベテランの先生ですが、標準治療にとらわれることなく、その患者に見合った治療方法を柔軟に考えてくれそうです。

診察のときに胸の処置に使うガーゼなども、私のためだけではないと思いますが、新しい品種を用意してくれたり、「Kottsuさんに使う」と書いておいてくれたり、看護師さんの間でもきちんと情報が共有されていて、「あー、患者のことをちゃんと考えてくれている病院だなぁ」と感じますshine

精神的な安心感って、治療にはすごく大事ですね。

私が今できることは、手術に耐えられる体力をつけること。後2キロくらいは太りたいし、ウォーキングなどで筋肉もつけたいなーrun

どうか胸の腫瘍の増大も止まってくれますように・・・think

★現在コメントへのお返事はお休みさせていただいております。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村←ランキング参加中!クリックお願いします♪

| | コメント (14)

2010年9月27日 (月)

ペプチド7回目&XC療法の副作用

先週はペプチド7回目とCT検査でした。

治療を開始した当初はあまりにも具合が悪くて、「CT撮る日まで私はどうなっているんだろうか」と思っていたのですが、元気にこの日を迎えられて何よりですshine

CTと血液検査の結果は・・・・・・・

肝臓の転移が1センチ以上縮小している~ヽ(*≧ε≦*)φ

8月頭に撮ったCTと比べて肝臓の転移が少し小さくなってくれていました♪

8月中旬に肝臓のラジオ波の先生に見てもらったときにはこれより大きくなっていたはずなので、結果的には3センチくらい小さくなってくれたのかもしれません。

今までの進行スピードだと、肝臓の半分以上に広がっているかも・・・と思っていたので、進行が止まっているどころか、1センチでも小さくなっているということは、私にとって大大大進歩ですsign03

とりあえず、数ヶ月の延命はできたということで・・・(笑。何とか年は越せるかな??

血液検査も、前週の数値よりもさらによくなっていて、肝臓の障害を示すALTに関しては正常値に戻りました。

他の数値もまだ標準値よりは高いものの、徐々に下がってきてくれていますhappy01

腫瘍マーカーのCA15-3も上がってきていたものが、もう少しで正常値に。

栄養状態や貧血もかなり改善されてきました♪

はぁ~、すごく嬉しいですね・・・(ノ_≦。)

胸の腫瘍は、あまり変化がないというか、ちょっと大きくなってきているかなぁとも感じるのですが、大事なのは肝臓の方。

ペプチドは数ヶ月~1年くらいかけて効くもののようなので、あせらず我慢我慢。これから胸の方にも効いてくれることを期待しよう!最初は大きくなってしまったけど、1年後には半分になった、とか聞きますから・・・。

それでも、1ヶ月半くらいで効果が見られたということは、いいことですよね。とはいえ、またこの治療が効かなくなったら・・・という恐怖感は常につきまとっているのですが・・・bearing

相変わらず、ペプチドの副作用で太ももの内側がボッコリ腫れて硬くなっていて、ピタッとしたパンツははけないです・・・。これ、毎回やるごとに腫れの範囲が広くなっているのですが、次はどこに注射するんだろう・・・。そして、今回も翌日に37.6度の熱が出ました~ペプチドをやってから2~3日は体が重いです。←でも、先生も腫れがあって、熱が出た方がいいと言っていた。

今週からは、ペプチド&XC療法の3クール目が始まります。頑張って大量の薬も飲むぞ~up

さて、XC療法の副作用としては、

  • 手足症候群
  • 白血球減少
  • 出血性膀胱炎
  • 肝機能障害
  • 下痢・食欲不振
  • 卵巣機能低下

があるそうなのですが、私自身が一番ひどいのは、ゼローダによる色素沈着です。それ以外の副作用は、今のところ強く出ていません。

たまに車に乗るくらいなのに、ものすごく日焼けしやすくて、顔も手も真っ黒gawk 顔、手のひら、足の裏に沢山シミが出現していますsweat02

化粧をしても、タイのオカマにしか見えません・・・。自分で見て、「あっ、ピーターに似てる・・・Σ(;・∀・)」と思いましたもの。髪の長い、色白美人にあこがれる毎日です。

そして、体重は46キロまで戻ったのですが、昼間あまり動いていないせいか、体重相応の胃袋になっているみたいで、なかなか増えません。といっても、3食ちゃんと食べていますよ♪

さらに先日自分でもびっくりしたことが・・・。

車に乗ろうと思って小走りしたところ、

・・・・走れなかった∑(゚∇゚|||)!

2、3歩走り出したところで、とても変な動きになり、そのままコケそうだったので、走ることを断念せざるをえませんでしたcoldsweats01

筋肉がないと、こんなんになっちゃうのですか~。私、まだ31歳なのに・・・sweat01

涼しくなってきたので、徐々にウォーキングでもして、体力をつけないといけませんね。

★現在コメントへのお返事はお休みさせていただいております。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村←ランキング参加中!クリックお願いします♪

| | コメント (25)

2010年9月18日 (土)

胸にできた潰瘍の処置方法

先日の記事では、沢山の方にコメントを頂きまして、本当にありがとうございました
m(_ _)m

こんなに多くの方が読んでくださっていて、なおかつ一緒に喜んでくれるなんて、嬉しすぎます・・・(;ω;)

ともに大変な治療に耐えている方々の応援(もちろんそうでない方も!)は、とっても励みになります。

頑張るぞ~!!という気が、ますますわいてきましたo(*^▽^*)o

今回のペプチドの副作用は、翌日夜の微熱と太ももの付け根部分の腫れと発赤です。太ももは大分腫れていて、昨日までは歩くと痛かったです・・・。リンパが反応するせいだそうなのですが、ペプチドを打っていない反対側の足も腫れます。

ちなみに・・・ペプチドの注射はものすごく痛いですweep

ぶっすぅーーーーーーーーーーーーー・・・・・

という感じです。

さて、今日は胸の潰瘍の処置方法について、少し書きたいと思います。

今現在、胸に飛び出している部分は胸上部の半分くらいを占めていて、周りが赤い肉、真ん中が腐っているらしく、黄色くなっています。赤く広がっている部分は、なんだか溶岩を思い出させます・・・。今日シャワーをかけたら、白く変色していた肉片みたいなものがポロッととれてビックリ!!(゚ロ゚屮)屮 これはいいのか悪いのか・・・。

これ以外に、小さい出来物のような皮膚転移と思われるものが6つくらいあります・・・(;´д`)トホホ…

私の処置キットはこちらです。

Kc3i0090_2

見にくい画像ですみません・・・・。

  1. 白色ワセリン
  2. バラマイシン軟膏(細菌を殺す薬)とワセリンを混ぜたもの
  3. タラシンTゲル(細菌を殺す薬)
  4. 薬を塗るヘラ
  5. ヘラを消毒するアルコール消毒液
  6. 手を消毒するアルコール消毒液
  7. 滅菌ガーゼ 中サイズ1枚 大サイズ2枚
  8. 生理用品2個
  9. ガーゼなどをとめるテープ

これが一式になっています。旅行にもこれを持っていかないといけないので、結構面倒です。

処置方法としては、お風呂上りに

  1. 手を消毒して滅菌ガーゼで潰瘍の水滴を拭く。→このガーゼにアルコール消毒液をシュッとやって、ヘラを消毒。
  2. 滅菌ガーゼ大2枚を潰瘍の大きさに合わせて張り合わせて、上記1~3の薬をヘラでガーゼに塗る。
  3. ガーゼを潰瘍部分に貼る。
  4. 生理用品二枚を重ね合わせて、ガーゼの上を覆う。(生理用品は胸の下のほうまで来るようにずらして重ねています。胸に貼るときは生理用品の上からナプキンが包まれていたシートをかぶせて、テープで固定します)

夫には、この4の作業のときにテープを貼るのを手伝ってもらっています。一人では処置できません。

前にいた病院では、生理用品に直接ワセリンなどを塗ると指導されたのですが、それだとどうしてもワセリンなどが染みて漏れてしまうので、私はガーゼの上から生理用品を貼るようにしています。

昼間出かけるときは「はだおもい 特に多い日の昼用 羽なし 23センチ」、夜は結構寝ている間に動くので、「elis 新・素肌感 多い日の夜用 羽なし 29センチ」を愛用しています。

重ねて使うので、羽なし、というところが重要です!

多分潰瘍の黄色い部分から臭いが発せられるのだと思いますが、今のところ、2と3の薬を処方してもらってからは、臭いはまったくせず、それほど出血や浸出液もないため、うまいことコントロールできているのではないかと思います。

がんが皮膚を突き破ると、独特のものすごい異臭を放つ、と聞いていたので恐怖だったのですが、かなり大きい潰瘍になった割には、臭いも出血もそれほどではありません。

こまめに水で流して、ガーゼを交換するのが大切なのかもしれないですね。(私はガーゼの交換は1日に1回か2回です)

もし胸の皮膚転移などの処置でお困りの方がいらっしゃったら・・・と思い、参考までに載せてみました。私は処方してもらっていませんが、臭いには「メトロニダゾール軟膏」というのがとても効くらしいですね。

具合の悪いときは本当に見るのが嫌だったのですが、元気になってくると、「まぁ、これも自分の細胞が作り出したもので、体の一部分なんだよねー」と、マジマジと観察してしまったりしています(^-^;

うちの母親は1回みたら、グロテスクすぎてその後見れないようですが・・・。←そのくらい、ひどい状態だということです。キレイな女の人だったら、耐えられないかもしれないですねぇ。

とはいうものの、こんなものはないほうがいいに決まっているので、何とか手術に持ち込めるといいですね~。うーん、どうかなぁ・・・。

★現在コメントへのお返事はお休みさせていただいております。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村←ランキング参加中!クリックお願いします♪

| | コメント (12)

2010年9月15日 (水)

よい知らせ

暖かいコメントをくださった皆様、本当にありがとうございましたm(_ _)m

ブログを公開していると、色々な状況の方が読まれると思いますから、私のような人間を好ましくないと思う方もいらっしゃるでしょう。それは、十分承知しています。

誤解があると嫌なので、少し私の状況について説明させていただきますね。

夫は個人事業主(自営業)の形態で家で仕事をしていますが、「~士」と付くような、資格を持ってやっているようなものではありません。自営業=時間が自由で稼げると連想する人がいるような気がしますが、一度でも仕上げた仕事に不備があり、取引先から切られてしまえば即無職です。

月によって収入は変動しますし、ボーナスもなければ、退職金も厚生年金もありません。いくら精度の高い仕事をしても、収入単価が上がることもありません。何の保証もない自営業です。

今は毎週通院がありますし、私の体調が悪かったこともあって、夫は仕事をかなりセーブして、臨機応変に対応してくれています。この点については、とても恵まれていると思いますが、そのかわり必然的に毎月の仕事=収入が減っており、夫の稼ぎですべてを養ってもらっているわけではありません。

私はがん保険に入っていなかったので、治療費はほぼ自腹です。半年前まで私も仕事を続けていましたし、これまで二人で一生懸命働いてコツコツ貯めてきたお金を切り崩して、生活費や治療費、旅行費にあてています。

子供がいて、マイホームを買ったあとだったりしたら、相当大変だったなぁ・・・と思いますよ。たまたまわずかながらお金がたまっていた時だったので助かった、という感じです。

お互いの両親もお金持ちではないですよ。

私よりも大変な生い立ちの人が沢山いると思いますし、親に怒られそうなのであまり書きたくはないのですが、我が家はプチ貧乏だったので、言うまでもなく高校までは公立、大学も奨学金がなければ行けませんでしたし、奨学金があっても一人暮らししなければいけないような状況だったらこれもまた進学できませんでした。(この奨学金は自分の貯金から今も返済しています)

つまるところ、今も昔も超庶民だということです。

なので、がん治療の高い治療費を払いながら贅沢していると思われるとちょっと心外なのです。

車のへこみも直してないし、切り詰めるところは切り詰めてますよ~coldsweats01

もし、経済的な理由で治療を諦めなければいけない状況の方がいたら、治験に参加するという方法もありますよ。

各地域の大きな病院であれば、何らかの治験を実施しているかもしれません。治験でしたら、患者の費用負担がないものも沢山ありますので・・・。

国立がんセンターのHPに全国で行われている治験の一覧がありますので、見てみてはいかがでしょうか。(http://ganjoho.jp/professional/med_info/clinical_trial/index.html

さて、話は変わりますが、6回目のペプチドを打ちに行ってきました。

今回2週間ぶりに血液検査をしたのですが・・・・

肝機能の数値が改善しているッッッ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

先生 「Kottsuさん、前回までは数値が上がり続けていたんだけど、今回は全体的によくなってるよ。来週CTを撮るけど、前の病院で撮った8月上旬のときのCTと大きさが変わってないかもしれないね。ペプチドは効果が出るのに時間がかかるからね、焦らずに行きましょう

私 「・・・先生、私、これまでの治療で一度も症状がよくなったことがなかったので、すごく嬉しいですweep

もしまた数値が上がっていたらどうしよう・・・、と少し不安だったので、この結果は本当に嬉しいものでした。だって、1年近く治療を続けてきて、ひとつも抗がん剤が効かずにどんどん進行するばかりだし、胸の腫瘍は完全に皮膚に飛び出して大きな潰瘍を作ってグロテスクな様相だし、いいことがない中で、前向きな姿勢を維持するのはとても大変なことだったんです。

よかったね、よかったねといいながら、会計の待合室で、夫の顔をチラッと見たら、

目を赤くして涙ぐんでるぅ・・・

ヤダー、何泣いてんのよーーーーう\(;゚∇゚)/」と、バシバシ夫の肩を叩いていたら、

だって、今までよくなったことなかったから・・・。進行が止まってる可能性があるって言われただけでもすごく嬉しくて・・・(ノ_-。) 診察室でもう泣きそうだったよ

うんうん、家族の方が心配だよね。悪いね、色々と大変な思いをさせてさ・・・。

来週CTを撮ってみないと何ともいえませんが、肝臓の方が少しでもよくなっているといいなと思います。

そうはいうものの、これまでの経過から手放しでは喜べなくて、この治療が効かなければ、私はおそらく数ヶ月から半年の命だろうと思うので、未だに恐怖感はぬぐえません。

でも、何事も「あきらめない」ことが本当に大事だな、と感じています。

ベッドから起き上がれなかった1ヶ月間、正直なところもうダメなのかも・・・と何度も思いましたが、あきらめずに新しい治療法の話を聞きにいってよかったと思っています。あの時、前の病院で提示された抗がん剤を続けていたり、治療をやめてホスピスになんて行っていたら、確実に寿命が縮まっていたと思います。

乳がんのペプチドは、東大以外にも、九州の久留米大学などの他の医療機関でも研究が進められているようです。

治療法がなくなってきた・・・と思ったら、早めに話を聞きに行ってみてもいいかもしれません。

何とかこれが効いてくれるといいですね。そうすれば、私のように抗がん剤がまったく効かないタイプの人の新しい治療法になるかもしれません!!

そうなることを夢見て、もう少し頑張りたいと思いますpunch

★現在コメントへのお返事はお休みさせていただいております。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村←ランキング参加中!クリックお願いします♪

| | コメント (29)

2010年9月 9日 (木)

ペプチドワクチンの副作用

私が参加している乳がんのペプチドワクチンの臨床試験について、少しお話したいと思います。

私が今参加しているのは、ペプチドワクチン+XC療法を併用した第2層試験です。東大が研究しているもので、アヤシイ免疫療法ではありません(笑。

最初の3ヶ月間は1週間に1回ペプチドワクチンの注射を足の付け根どちらかに打ち、ゼローダとエンドキサンの経口薬を2週飲んで1週休みます。3ヶ月目以降は、ペプチドは2週に1回になります。

打っているペプチドワクチンにはこれまでの2種類から増えて、7種類(!)のペプチドが含まれていて、そのうちのいずれかに自分の型が合えば効果が出る、ということになります。

第2層試験なので、型が合うかどうかは、医師も患者も知ることができません。そのため、6割の人には効果がありますが、残りの4割の人には効果のない注射を打ち続けることになります。それでも、抗がん剤に比べれば効果が出る確率が高いですよね!ただ、効果が出るのが数ヵ月後、ということもあるようなので、早い段階でやり始めるほうがいいようです。

参加資格はそれほど厳しいものはなくて、私は同意書を持って行ったその日に先生が治療を開始してくださいました。

ペプチドワクチンの副作用としては、注射したところの発赤、微熱程度です。私は5回目を打った今回、翌日に微熱が出ましたが、副作用が出た方がペプチドに体が反応しているということだそうなので、いいことなのだそうです!!私の場合はペプチドを打った翌日、翌々日は体がだるくなるので、大抵ゆっくり休んでいます。そして、足の付け根が赤く腫れていて、少しかゆいです・・・。

費用は、ペプチド代がタダで、それ以外の抗がん剤や処方薬、検査代などは自分持ちです。クリニックなどで自費診療でペプチドをやると数百万とか聞きますよね・・・。

これがうまいこと効いてくれて、トリプルネガティブの人にとっても有効な治療法のひとつとなるといいですねo(*^▽^*)o

ペプチド先生は、ベテランでそこそこ有名な先生なのですが、威張ったような態度がまったくなくて、すごくいい先生です。

毎回きちんと前の週に伝えたことが改善されたか確認してくれますし、私から言わなくても手足が荒れていないか見てくださいますし、胸の腫瘍も直接薬を塗って処置してくださいます。

そして、いつも夫に対しても、

遠くからご主人も大変だなぁー。ご主人の仕事の都合もあるだろうし、午前と午後、来やすい時間帯はある?辛くなったら、入院して治療してもいいからね

と、励ましの言葉をかけてくれるんです。

これって人として当たり前のことだとは思うのですが、忙しい医師でなかなかできる人っていないんですよね。

毎回最低2時間は待ちますが、それだけ待たされても、いつも疑問点や不安な点がひとつもなく、夫婦ともども晴れ晴れとした気持ちで家路に着くことができます。最近歩ければ病院の周りに美味しいランチが沢山あることを発見したので、待ち時間はランチでつぶすことにしましたー(*^-^)

これまでは、治療法について自分で考えたり、行動を起こさなければ死んでしまう・・・という状況があって、すごく辛かったのですが、これから先はこの先生にすべてお任せすれば大丈夫だと思えていて、精神的にとても安定しています。

この先生は、絶対に、

もう治療方法がないから、後はホスピスで

とは言わないと思います。前の病院ではこれに近いことを言われましたケド(*`ε´*)ノ

先生のところに移ってから、体調がどんどんよくなっていますしね!本当によかった( ´;ω;`)ブワッ

さて、体調の方ですが、ここ数日で食欲が完全にカムバックしまして、すごい勢いで食物を摂取しております。先生からOKをもらったので、shine回転寿司shineにも行きましたfish

まだまだ筋肉が落ちていて、階段を上がったりするのはフラフラなのですが、大分歩けるようになり、外出もできるようになりました!!

超超超ウレシィーーーーーーヽ(´▽`)/

あっという間に、3キロくらい戻りそうな感じです。

毎朝ベッドの中で、私の方を向いてすごいいびきをかいている夫を見ながら、

shineもう一度私を元気にしてくださいshine

shineもう少しこの夫と楽しい時間を過ごす猶予を私にくださいshine

と、天にお願いしていたのが、通じたのでしょうかflair

体調が回復してきたといっても、がんの進行が止まっているのだとは限りません。肝臓は「眠れる臓器」ですからね・・・。

今の元気は、ポッと私に与えられた、短い時間なのかもしれません。

もちろん、今の治療で1年、2年と長生きすることを目標にしていますが、こういうことも忘れず、1日1日を大切にしたいと思います。

というわけで、元気なうちに食べたいのものをたらふく食べ、行きたいところにはどんどん行っちゃいます。

まずは今週末に高原に1泊旅行に行ってきますsign03

わーい*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

★現在コメントへのお返事はお休みさせていただいております。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村←ランキング参加中!クリックお願いします♪

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2010年9月 5日 (日)

摩訶不思議な体重

いつもコメントを下さる皆さん、本当にありがとうございますm(_ _)m

私が元気になったら自分も元気になった!と言っていただけると、とても頑張りがいがあるというか、すごく嬉しいですo(*^▽^*)o

さて、私は身長156センチで、生まれてこの方pig小デブ人生pigをひたすら歩んでまいりました。

特に、会社勤めを辞め、結婚してからはシアワセ太りかプクプクと肥えてしまい、ちょっとまずい感じでありました。

抗がん剤治療を始めてからは体重がどんどん減ってしまったものの、51キロ~52キロくらいをキープしていたのですよね。

で、この1ヶ月間もご飯を食べてない割には痩せてないな~と思い、むくみで足が象さんになっていたときの体重は、53キロくらいあったんです。

利尿剤で足のむくみが取れたなと感じた時点で体重を測ったら、49キロ。まぁ、ご飯食べてなかったにしても、こんな程度か、と思っていたのですが、その後も先生から毎日1錠利尿剤をしばらく飲むようにと言われて飲んでいて、昨日改めて体重を測ってみたところ・・・

よ、よ、よ、44キロしかないッimpactimpactimpactshockshockshock

ヒョエ~~(°°;)))オロオロ(((;°°)~

あまりのショックに夕飯が喉を通らず、急に力が抜けてそのままソファで眠りこけてしまいました・・・。

いやー、どうりで体力がないはずですsweat02 ベッドに寝ていても骨があたって痛いはずです。

私はチビスケなので、44キロでも世間のモデルや芸能人たちよりは痩せてないと思いますが、ちょっと30キロ台が見えてしまうとヤバイなぁと思いますcoldsweats02

ご飯が食べられなかったり、水分をうまく排出できなくなっていたり、普通のことができなくなってくると、本当に悲しいし、時にはイライラしてきます。

先生には51キロと体重を自己申告していたので、かなり減ってしまったことを伝えて、場合によっては抗がん剤の量を減らしてもらい、しばらくは体力の回復に努めたほうがいいかもしれませんね。どうせ抗がん剤は効いてるかわからないし・・・(^-^;

ファミレスのメニューを見て食べられそうなものを探して、「1000キロカロリー」とか書いてあると、「お、イイネ!!」とか思っています(笑。

食事療法なんてもう言っていられないので、食べられるようになったらガンガン外食してカロリーを取りたいですね。

はぁ~、旅行に行くまでの体力回復への道は険しいかなぁ・・・( ´・ω・`)

★現在体調が不安定なため、コメントへのお返事はお休みさせていただいております。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村←ランキング参加中!クリックお願いします♪

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年9月 4日 (土)

この1ヶ月を振り返って

本当に喜ばしいことに、ご飯が普通どおりに食べられるようになってきました(v^ー゜)

1ヶ月前には、そのときよりも状態がよくなっているとは到底考えられなかったので、嬉しい気持ちで一杯です。

まだ口の中のピリピリがとれず、塩辛いものが食べられないのですが、ハブ茶がいいそうなので、飲んでみています。

今振り返ってみると、毎日発熱し、ご飯も食べられず、ひたすら寝ていた1ヶ月間は、本来ならば入院した方がいいような状態だったのかも。

でも、どうしても前の病院の先生に具合の悪さを訴えて入院するのだけは嫌だったんですweep 余計に悪くなるような気がして。

自宅であの辛い時期を乗り越えられたのは、夫の看護があったからこそ。家のベッドルームは北側で涼しくて、窓からは緑が見えるし、虫の声も聞こえるし、最高の療養部屋なんですよね。

自分でできることといえば、トイレに行くこととお風呂に入ることだけだったので、朝ごはんの準備から、皿洗いから、何から何までやってもらっていました。感謝してもしきれない・・・crying

マイトマイシンもそれほど副作用がないと聞いていたのに、体力が落ちているところに無理やりやってしまったから、副作用がひどく出た上に、何と白血球も1300まで落ちてしまい、血小板も減っちゃって、あわや輸血か?という状態になってしまいましたsweat02

結局、今のペプチド先生が、マイトマイシンで弱った体のフォローもしてくれて、段々体調が回復してきているという感じですhappy01

前の病院では、「この状態では何をやってもムダ」というスタンスに見えましたが、ペプチド先生は肝臓の薬も出してくださいましたし、胸の腫瘍に対しても毎回手当てをしてくれて、抗生物質の入った軟膏を処方してくれ、これで臭いがまったく気にならなくなりました。

この先の治療については、この先生にすべてお任せすればいいと思えるので、精神的にも本当に楽になりましたよwink

もっと早く転院したかったな~とも思いますが、マイトマイシンの治療は前の病院でしかやっていなかったので、仕方がないですね。あれをやらなければ、モヤモヤした気持ちが残っていたと思いますし。

前回、「抗がん剤はコワイ」と書きましたが、再発防止のために治療されている方は、頑張って乗り越えて欲しいなと思います。私のように、転移があって体が弱っている状態でなければ、死ぬことはないと思いますから・・・sweat01もちろん、QOLが大事ですから、副作用が強く出る人は無理は禁物ですが!

夫のおじいさんのように、転移があっても抗がん剤で全部消えてしまった、という人もいますからねsign03

私の場合は、これまでやった薬がひとつも効かなくて、さらに腫瘍マーカーを先日初めてとってみたのですが、マーカー値がぜーんぜん高くないんですよね(゚ー゚;

ということは、やっぱり悪性腫瘍特有の性質を持たない、特殊なタイプなのでは?と感じるので、今後は新しい抗がん剤はやらないつもりです。抗がん剤をやらない方が、元気でいられるような気がするので・・・。

そういう意味でも、免疫療法の一つであるペプチドワクチンは、今の私にとっては最良の治療方法だと思っています。

体調は回復してきているものの、肝臓の数値が改善しているわけではないので、あまり楽観視はできません。

血液検査の結果を見ると、肝機能のところだけHHHHHH(High)、栄養状態のところはLLLLL(Low)となっています(笑。

肺の転移の方は全然変化ないみたいなんですけどね?フシギ・・・。

利尿剤で水分をじゃんじゃん出したら、むくみがとれて体が骨と皮になっていて、ベッドで寝返りを打つと骨があたって痛い、という人生初の経験をしています。

でも夫に、

大丈夫。宮崎あおいより痩せてないから

と言われて、確かにそうだと思いましたcoldsweats01

もう少し体力をつけて、近いうちに何とか高原に旅行に行きたい!!と思っています。

もう白血球が高いときは、魚介類も食べることにしました(笑。

いくらをたらふく食べたいぞ~shineshine

マックのポテトも食べたいぞ~fastfoodfastfood

タイ料理も食べまくりた~いrestaurantrestaurant

★現在体調が不安定なため、コメントへのお返事はお休みさせていただいております。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村←ランキング参加中!クリックお願いします♪

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »