« 熱の原因 | トップページ | 発熱祭り »

2010年7月16日 (金)

MMC+MTX療法1クール目

今日はマイトマイシン&メトトレキサート1回目の点滴にいって来ました。

今日の・・・・私は・・・・

ものすごく怒っていますannoyannoyannoy

先生、病院のシステムもろもろで頭に来る事がいくつかあって、初めての薬をやるのに超ブルーsweat02

通院治療室も前の病院に比べると暗くて、1つ1つの部屋が狭くて、気分が沈んでしまいました。

なんかもう、グッタリ疲れてしまいました・・・_| ̄|○

簡単に言うと、

①1ヶ月前に胸のしこりから浸出液が出るようになってから、処置方法について何度も先生に聞いたが、「シャワーを浴びてガーゼ交換すればいい」としか言われなかった。

今日看護師さんに処置方法について聞いてみたら、ちゃんとした処置方法の冊子をくれて丁寧に指導してくれた上に、先生が「塗っても意味があるかわからない」と言って取り合ってくれなかったワセリン(傷口とガーゼがくっつかないようにするもの)を処方してくれた。

→私がずっと訴えていたのはなんだったのか。なぜ看護師さんに聞いてみて、の一言すらなかったのか。

②胸のしこりがジンジンして少し痛いと言ったら、いきなり麻薬系のオキノームを処方された。

→ロキソニンは胃が荒れるから、という理由だったけど、これって普通ですか?何かもっと段階ってものがあるんじゃないかと思ったのですが・・・。

正直なところ、先生が不真面目だとは思いませんが、一生懸命やってくれているとは微塵も感じません。「とりあえず使える薬がまだあるから使うけど、この状態じゃもう何やっても同じだよ」とすでに諦めているように見えて仕方がありません。

胸の処置については、あれだけ不安感を話していたのに、先生は何も私の気持ちをわかってくれてなかったんだなーと、失望感が大きくなりました。

これ以外にも、病院の待ち時間やシステム面でイライラさせられることが多々あり、今日初めて「病院に行くのが嫌だ」と思いました。

病院では、真摯に患者に向き合っている医師、看護師、スタッフが大半だと思いますが、一部のそうでない人によって、患者に不満を感じられててしまうのは、とても残念なことですね。

やっぱり、今の治療が終了したら、病院を移ろうかな、と思います。この病院で、あの先生に最後まで診てもらうのはぜーーーーーーーーーーーったいに嫌だannoy

はぁー、元の病院が恋しいよぅ・・・。

今回の治療の間に、肝臓のラジオ波とペプチドワクチンについても話を聞きに行く予定なので、そこでの話を踏まえて、今後の治療をどうしようか考えたいと思います。

最後に・・・

同じ病院で治療を受けられている方、働いていらっしゃる方がこの記事を読んだら、ご気分を悪くされるかもしれません。
これはあくまでも一個人の意見であり、違う考えの方がいて当然だと思っています。
私とは相性が合わないと思いますが、この病院が悪い病院だと言っているわけでは決してありません。

今の私は発熱、抗がん剤治療、通院により、疲れきってしまっています。
この記事に関しては賛否両論あるかと思いますが(大病院とはそんなものだ、とか、医師も忙しい中頑張っているのだ、とか)、批判的なご意見に反論する気力がありませんし、私の弱った心と体に悪い影響を与えそうな気がしますので、どうかそのようなお考えは心の中にしまっておいていただければ幸いです。
勝手極まりないですが、励まし、応援メッセージはいつでも大歓迎です(笑happy01

どうかどうか心よりお願い申し上げます・・・m(_ _)m

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村←ランキング参加中!クリックお願いします♪

|

« 熱の原因 | トップページ | 発熱祭り »

コメント

本当にお疲れ様でしたsign01
そうだよねぇ、みんな忙しいんだろうけど
ちょっとした心遣いひとつで気分が全然違うのにね。
病院関係のお仕事をされてる方は本当に大変な毎日なんでしょうが
でも、やっぱり患者の立場に立ってって気持ちを少しでも
持って欲しいです。
医療的な事だけでなくて「心」が感じられると良いのですが…
kottsuさんが思う事は、当たり前の事だと思うよrock

投稿: ポコ | 2010年7月16日 (金) 19時52分

命を預けているのですから親身になってくれる先生や病院を希望するのは当たり前だと思います。
でもそんな先生は稀ですよね、きっと。
しょせんみんな他人事なんだと思います。
だから患者の不安も汲み取る気もないんでしょうし、患者ではなく病気を見てるだけなのでしょう。

悲しいですが、死んでもすぐに忘れられてしまうものなんでしょうね。
病院に行くといつも感じることです。

投稿: ゆあ | 2010年7月16日 (金) 20時16分

kottsuさん、お疲れさまでした・・・!

私も、(たぶんほかの患者さんたちも?)
多かれ少なかれ感じている怒りを、
こうして書いて代弁してくれて、ほんとにありがとうございます!

マイトマイシンとメトトレキサートも絶対に効いて欲しいし、
ラジオ波とペプチドワクチンのお話しが、上手くいきますように!

投稿: じゅんじゅん | 2010年7月16日 (金) 20時30分

気持ちわかりますsign03
私たち患者は「命」を先生に預けているんですもんね・・・。

真摯に対応してもらわないと怒りが出てくるのは
当り前ですangry

ちょっとした心遣いで気持ちってかわるものですよね。
レストランのサービスでも病院のサービスでも心遣い
というところでは私はどちらも同じ位大切なものだと
思っています。

「病は気から」というように気持ちで元気にさせるのも
お医者様、看護師さんの役目ですよね!!
(偉そうですが・・・)

投稿: ぎょぴ | 2010年7月16日 (金) 20時33分

大切な命を預けてるんだからもう少し親身になってくれる医療スタッフがいる病院を希望するのは当たり前だと思います。
薬の処方だってKottsuさんの訴えてることちゃんと聞いてなかったんですね。

先生が諦めちゃったら患者はどうしたらいいかわからなくなってしまいます。

Kottsuさんもっと怒っていいですよsign03

投稿: ごめちゃん | 2010年7月16日 (金) 20時35分

うんうん、Kottsuさんのいうことはもっともだと思いますよ!
患者と向き合えないなら、何故医療の世界にいるの?と。
たとえどんなに忙しくても、「病気」を診るのではなく、
「患者」を診るということは忘れてほしくないですよね。

いやなことはここで吐き出して、少しでもすっきりした
気持ちになれるといいな。ストレスは大敵だから!

薬、効いてくれますように!

投稿: JOHN | 2010年7月16日 (金) 20時35分

こんばんは。
通院お疲れさまでした。
大きな病院は設備も技術も一流ですが、患者さんが多くて
行き届いた診療というのはなかなか難しいかもしれませんね。。
6月まで聖路加国際病院にいらした中村清吾先生が
昭和大学でブレストセンターをオープンされています。
私は聖路加で、中村先生が主治医ではありませんが、
通りすがりにお目にかかるたびに、評判にたがわぬ
すばらしいお人柄の良さを感じました。
聖路加で実践されていたチーム医療をとりいれられているようです。
今ならまだ空いているような気がしますし、一度行かれてみては
どうでしょう? 通院が大変かもしれませんが。。
余計なおせっかいでごめなさい。
kottsuさんが安心して治療ができる病院が見つかりますように。

投稿: ミリ | 2010年7月16日 (金) 20時36分

KOttsuさんの不信感が切々と伝わってきました。
がん患者があまりにも日常的な存在で、感覚がマヒしてるのかも…。

担当医や病院に相性はありますが、
我々も自分の命かけて闘ってるのだし、
「この病院に行くのはもう嫌だ」という気持ちにムリしなくてもいいと思いますよdash

治験が始まったばかりで、すぐにどうこうできる状態ではないと思いますが、その間はいっぱい愚痴ってくださいねsign01

投稿: まりりん | 2010年7月16日 (金) 22時24分

こんばんは。初めて投稿させていただきます。

kottsuさんの気持ちとてもわかります。
私も同じ乳がんで同じ病院に通っていますが、転院を考えています。
一部のスタッフや医師の方々は、患者の気持ちを考える余裕がないのか、
がん患者を見慣れているのか何なのかはわかりませんが
とにかく大勢いる患者をさばいているだけと感じられることが多々
ありますし、その他もいろいろと。。。
kottsuさんが今より少しでも安心して、信頼して治療を受けることが
できるように祈っています。

投稿: JUN | 2010年7月16日 (金) 22時41分

kottsuさん、治療お疲れ様でした。

病院での対応で辛い思いをされたのですね。
私は医療従事者であり、患者でもあるので、どっちの気持ちも痛いほどよくわかります。
でもでも自分で治療を経験して、患者さんへの心配りをを出来る限りしていこうと思って仕事をしています。まだ仕事に慣れていないのでなかなか出来ていないのが現状ですが。。。

みなさんおっしゃっているとおり、ちょっとした心配りなのですよね。言葉であったり、聞く姿勢であったり。。。

ここで思っていることを吐き出して、すっきりさせてくださいね!

投稿: fuku | 2010年7月16日 (金) 22時42分

はじめまして!!

私も同じ乳ガン患者。同じ30代で発症し同じ病院に通っています。

本当に私達からしたら命を預けている唯一の大きな存在なのに、あちらからすると何人、何十人といる患者の中の一人でしかないのかなぁと悲しく思う経験多々ありです。
病院が悪いというよりか先生による質の差がとても大きいと感じています。
私も何度泣いたことか…でも素晴らしい先生もいらっしゃいます。
院内のアンケートボックスご存知ですか?
とても良く反映されるそうです。

感じたこと、怒り すべて記載して投函するのが良いと思います。
同じ内容伝えるのでも言葉の選択で受け取る側は全然違うんですよね!!
ドクターには技術のみならずそのこともきちんと理解していただきいものです。
どうか頑張って下さい! 頑張りましょう!
もうすでにいっぱいいっぱい頑張ってますよね!
一緒に心寄り添わせて下さい。

投稿: みーな | 2010年7月16日 (金) 23時08分

kottsuさん、お疲れ様でした。

私も浸出液に困っていたころ、先生が簡単に

「シャワーでジャーして洗って。」

と言われましたが、胸にドレーンが3本も刺さり、ドクドク
出くる異物の恐怖で、1日の楽しみだったお風呂が1日の
終わりを告げる恐怖のひと時でした。体調も悪く、真冬のシャワー
ガ辛く、ガーゼ交換だけで洗い流せないまま通院したら、
呆れたように

「自分でガーゼ交換できない人?ちゃんとやらないとドンドン悪くなるよ!」

と怒られました。とても気持ちが弱っているときに怒られて、
なんというかキョトンとしてしまいました。看護士さんが
フォローを一生懸命入れてくれて、涙が出そうになりました。

2歳の息子をお風呂に入れながらの処理。どんどん腫れていく胸。
すごく恐怖でした。

きっと病気に自分自身でなったことがないから、分からないのでしょうし、
まぁ、何百人も抱えている患者の1人だろうし、先生も優しくしていたら、
やってらんないんだろうな。という諦めの気持ちで通院しました。

同じように「早くこの病院から、外科から卒業したい。」という
気持ちで一杯でした。だから、すごくお気持ち分かります。

辛いですよね。怒って過ごすより、笑って過ごしたいのに。

投稿: バタ子 | 2010年7月16日 (金) 23時27分

diamondポコさん
責任の思い忙しい仕事なのはわかるのですが、それを理由にして患者が傷つくような対応をしてもいいのか、と思いますよね。
前の病院では一度もこういう思いをしたことがなかったので、できる人にはできるはずなんですよね。
今日胸の処置を指導してくれた看護師さんに優しい言葉をかけてもらって、少し救われましたconfident

diamondゆあさん
鎌田實先生があれだけメディアに取り上げられるということは、やっぱりああいう先生は少ないということなんですよねー。
実は、前の病院の主治医は初対面のときに、「この先生は私に何かあったときに一生懸命やってくれて、きっと影で泣いてくれるな」と感じたから、お任せしようと思ったんですよね。
今の先生は多分そういうことはないと思います。
一人でも多くの患者をを診る・・・と表面では言っていても、結局一人ひとりきちっと診ることができないなら、あまり意味がないのではないかと思いますよね・・・weep

diamondじゅんじゅんさん
医師も人間ですから、完璧な人なんていないと思いますが、少しでも患者の気持ちを汲み取った対応をして欲しいですよね。
いくら忙しいとはいえ、何十年もやっていて、そんな基本的なこともできないの?とすら思います。

次の薬が効く事を祈ります!
もうあそこで点滴受けたくないですが・・・sweat02

diamondぎょぴさん
胸のしこりのことに関しては、手術も放射線もできないのであれば、「胸の処置に関しては看護師さんと一緒にしっかりフォローしますからね」という一言が欲しかったんです。
心遣いという点で、前の病院との差がありすぎて、ほんと困惑します・・・。

今の病院に行ってから、どんどん体力が落ちてますし、なんだか気を吸い取られている気がします・・・・。
治験を受けさせてもらえたことは、とても感謝しているんですけどね。

diamondごめちゃんさん
先生がめんどくさがっていたり、諦めていたりするのを患者に感づかれてはダメですよね。
症例数が多い分、これからどうなるのか大体予測がついてしまうのでしょうが、だからといってあれはやっても意味がない、コレもダメと諦めてしまうのはどうかと思います。
今日はさすがにかなりの怒り度でしたよ~!

diamondJOHNさん
患者は病気になった時点ですでに心に傷を負っているのだから、病院で余計なストレスをかけないで欲しいな、と思いますよね。
今日なんて点滴の前だったから余計に・・・。
それだけで副作用の出方が違う気がしますよ!
今週はもうグッタリです・・・。

投稿: Kottsu | 2010年7月16日 (金) 23時46分

diamondミリさん
都内の大きな病院は、駐車場代は高いし、紹介状に付けてもらうフィルム代も高いし、個室代も高いし、待ち時間は長いしで、患者にとっては辛いことだらけです・・・。
病院に関しては、今の病院に転院する前に診てもらっていた病院に戻るのが一番いいかな、と思っています。
前の病院では看護師さんもとても親身になってくれていましたし、主治医との相性もよかったですし。
こちらの病院もかなり大きな病院ですが、駐車場は100円だし、フィルム代も安いし、先生も30分は時間を取ってくれるし、今のところよりよかったのです。
中村先生は本当に名医なのですね。
お会いしてみたいものです!

diamondまりりんさん
そうなんです、全体的に感覚がマヒしている感じなんです!!
だって、先日なんて肝臓転移増大のとても暗い話をした直後、診察室の中から「えー、マジでー?ギャハハハ!」と大笑いが聞こえてきたんですよ。
笑うな、楽しい話をするなとはまったく思いませんが、待合室に聞こえない程度にして欲しいよね・・・と思いました。

診察日も先生の都合で全部決められてしまうし、高速代もイタイので、ちょっと考え物ですネ。
治験は今週水曜の検査ですべて終了したので、今の治療が終了したら考えたいと思います!

diamondJUNさん
はじめまして!
あ~、まさに私が感じていることと同じですね。
患者が多いところはダメですね。
病人にあの待ち時間はキツイです・・・。
最近、同じように病院内でブチギレて、そのまま投書箱へ直行しそうな勢いの人を何人か見ましたよcoldsweats01
高齢の患者さんもいるのに、あんなんで大丈夫なのかな?と思ったりもします。
JUNさんにもぴったりの病院が見つかりますように!!

diamondfukuさん
気をつけている医療スタッフの方がほとんどだと思いますし、そういう人の気持ちはしっかり伝わってきますよ~。
技術や経験ではなくて、最終的にはその人の人柄なんじゃないかと思います。
fukuさんは文章からもお人柄がとっても伝わってきますので、大丈夫ですよ!!
今日はもう、怒り疲れです・・・。

diamondみーなさん
はじめまして!
そうなんですよねー、なんだか行くたびに悲しい気持ちになるんですよねsweat02

患者の武器は投書箱ですね!!
病院なんてこんなもの・・・と泣き寝入りせずに、どんどん投稿するのがいいと思います。
私も転院することになったら、最後に嫌だったことぜーんぶ書いて行こうかな~と考えてたりします☆

応援ありがとうございます!私は負けません!!

diamondバタ子さん
患者に怒る先生がいますが、怒っても仕方がないじゃん・・・とすごく思います。
先日も私の担当医が、認知症を発症してしまっているのか脳転移なのか、先生の話がすぐにわからなくなってしまう患者さんがいて、一度診察が終わったあとに、もう一度先生に確認に行ったところ、「もう何回も言ったでしょ!あなたわからないの?脳の検査入れるよっannoy」と怒っていたというのを母親から聞いて、ちょっと引きました・・・。

私も今日は、点滴中「早く帰りたい。もう目をつぶって音楽聴いて、周りが見えないようにしよう!」と思っていましたよー。

バタ子さんもとてもお辛い経験をされているのですね。
バタ子さんの先生に対しても、怒りが沸いてきますpout
せめて患者が笑って過ごせるようにして欲しいものです。

投稿: Kottsu | 2010年7月17日 (土) 00時16分

 人間、千差万別ですし、人もピンキリだと思います。
どんな職業の方でも、ピンキリが居ます。

でも、(政治家は解りませんが)医師に限っては、「人間的に×な名医」ってのは、絶対にあり得ないと思います。

 医者が診るのは「生身の人間」です。患者の痛みを理解できない医師は、名医と呼ばれる資格はありません!!

 心と身体が不可分なモノと知ってこそ、一人前の医師と認められるべきだと思います。

 怒りを発せるのは、生命力があるからです。
でも、怒りは体力を消耗しますから、怒る方は、私たちにお任せ下さい。
 信頼できる先生に出会えることを祈っております。

 ※ お疲れでしょうから、コメ返しは、遠慮申し上げます。

 

投稿: 野良ぬこ | 2010年7月17日 (土) 00時50分

お疲れ様でした。有名な病院で治験をうけられて最良と思っていたのに残念ですbearing

私の父と兄は医者なのですが病気に対してすごく鈍感な感じですよ┐(´д`)┌。患者さんに対していつも親身になっていたら疲れてしまうのかな~と思ったりしますが、やっぱり人間性ですよね。
教師にもいろいろいるのと同じで職業に対する姿勢の違いが顕著に出てしまうのですね。

前の主治医でいまの治療を受けられたらいいのにねflair

私は身近に医者がいるにもかかわらず、いろんな悩みや疑問を主治医と看護師さんにきいてもらってますsweat02

投稿: まりんば | 2010年7月17日 (土) 03時41分

おはよぉござぃます、Kottsuさんchick
病院&ぉ薬投与おつかれさまです~
昨日は遅くまで起きてらしたのかなぁ??
怒りがフツフツ湧ぃてくると…寝れんくなったり(ELLiEの場合ですがcoldsweats01)どこにぶつけてぃぃか分からずしばらく悶々としてしまぅので、Kottsuさんが心配ですsweat01
待合室に聞こぇるぐらぃの笑ぃ声、しかもショックな話の後に聞こぇてきたら・・・・・さらに落ち込んでしまぃますよねdown
悲しぃけれど感覚が麻痺しちゃってるのか、そぉいぅ人柄なのかなと思ぃます。。。
Kottsuさんがしこりのガーゼ交換のことかなり気にされてたのはブログ見て知ってたから、今回の記事読んでホンット~に腹が立ちましたannoypunchimpact
話聞ぃてるだけですが、前の主治医は誠意といぅか心が感じられましたもんup
この怒り…どこかで思いっきり発散できたらぃぃのに。
ずっとィラィラしたり不安なキモチ抱ぇてると疲れちゃいますよねbearing
とりあえず今は今回のぉ薬がKottsuさんによく効くよぉ祈ってますっshineshine

投稿: ELLiE | 2010年7月17日 (土) 07時34分

kottsuさんおはようございます!!

なんだか…許せないし、腹立つし、悲しいし…
kottsuさんは怒って当然だと思います!!!!!!
どうして、医者として、人間として、病気で辛い思いをされてる人にそんな態度が出来るんでしょうか…
私達、患者は先生の言葉、態度が薬にもなり、メスにもなるということがわからないんでしょうか…

kottsuの心の傷が心配です
私は乳癌になって、自分の病院の先生や看護婦さんにはいつもよくしてもらってるんですが…周りの人は変わりました

傷つくとわかってて、冷たい言葉や態度をとる人、心配してるふりをして影で色々言ってた人など…ホントに人は怖いです。乳癌になったことだけでも辛いのに、人間恐怖症になりそうでした。

それが病院や先生だと…考えるだけで怒り、悲しみが溢れてきます…

kottsuさん、ホントに辛い思いされましたね…
でもでも、ここの人達はみんなkottsuのことが好きな人ばかりですよ
私もその1人です
いつもkottsuさんの味方です

投稿: ゆっこぴー | 2010年7月17日 (土) 08時58分

気持ちわかります。不安に思っている事にきちんと向き合ってもらえないと、更に不安がつのりますよね。私もリンパ浮腫で看護婦さんの対応に不安になりました。幸い放射線治療のスタッフと先生が対応して下さって定期的に診てもらえる事に…kottuさんも気持ちが安心出来て納得のいく治療を受けられますように応援しています。

投稿: Michel | 2010年7月17日 (土) 10時27分

体調、どうですか?
もう、本当に悲しくなりました。心の不安や悩み・ストレスは、簡単に消えるものではなくて、まして、kottsuさんは見るからに精神的ダメージが増えていってますよね。病気はいい薬さえあればいい、ってだけではなくて、特に乳がんは何年も病院とのつきあいが続くわけで、信頼できる先生の存在は、とてもこれからの治療に大きな影響があると思います。
私も乳がん治療で、不安になること多々あります。やっぱり、共に闘ってくれる信頼できる先生のもとで治療することは、とっても大事なことだと、つくづく考えました。

投稿: みっちゃん | 2010年7月17日 (土) 14時44分

kottsuさんはじめまして。
私は、kottsuさんが前にかかっていた病院の
同じ科に通院しています。
(たぶん地元もすぐ近くだと思います)。

この病院で手術や点滴治療などをして、
定期的に通院していますが(もう2年になります)、
いままで一度も不快な思いをしたことはありません。
すくなくとも今回kottsuさんが体験したような経験は
ありません。

もちろん完璧というわけではありませんが、
患者に「もうこの病院に行くのは嫌だ」と言わせて
しまうような対応はなかったです。
待ち時間も短いし、話もちゃんと聞いてくれます。

今回の件、本当に腹立たしいですね。
色々と難しいでしょうが、
元の病院に戻ることを考えてもいいかもしれませんね。

では、kottsuさんがストレスなく治療が受けられるよう
応援しています。

投稿: くう | 2010年7月17日 (土) 17時11分

人参ジュースの作り方が、写真入りで出来上がりました。

http://257.teacup.com/newsda/bbs/t6/l50

セールスではありません。ぜひお試しください。

上記のブログ主様の奥様が、人参ジュースで癌から生還

七年目です。

投稿: あい | 2010年7月18日 (日) 08時24分

誠意ない対応されて、本当に大変でしたね…。

何と云うか、たとえ同じ治療をするとしても、自分に合う病院や
主治医(+看護師)ってあるんだなぁって感じたわ。
言葉でも治療できることを、多くの医師に知ってもらいたいよね。

Kottsuさんのストレスが少しでも解消されるようになることを
祈ってます。

投稿: FB☆AYA | 2010年7月18日 (日) 17時19分

初めまして。
わたしは多種膠原病(複数合併型)・ひとによっては相当数失神するという激痛が絶えずある(線維筋痛症)って病気と生きています。
一般人には、行っている医学水準で病院を決める手段が無いから、それまでの実績や医師で決めるしかないわけで……

辛く弱く揺らぐとき、『思いやりもない人、なんか要らない』
と痛感しますね。

良い病院があるんじゃなくて、良い(親身で技術ある)先生等がおられる病院かなぁと想います(泣)


どうか御身気を付けて、また笑顔で……heart01heart01

 chikarin2005@ameba.jp

投稿: tarcha(たーちゃ) | 2010年7月18日 (日) 23時13分

読んでて悲しくなりましたsweat02

どんなに忙しくてもこちらの気持ちを理解しようと
きちんと向き合ってもらえないなんて、、

私は今の病院で不満に感じたことはないですよflair
やはり信頼できるかが重要だと思いますねconfident

kottsuさんが安心して治療に臨めますようにsign01


投稿: yumiko | 2010年7月21日 (水) 16時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110462/35774664

この記事へのトラックバック一覧です: MMC+MTX療法1クール目:

« 熱の原因 | トップページ | 発熱祭り »