« バテバテ ダルダル | トップページ | ☆イシガキナイト☆ »

2010年6月30日 (水)

不屈の精神

昨日も朝方ぐたーっとしていましたが、病院へ行ってきました。

車で寝ていたら、体調が回復してきたので一安心。

採血、心電図検査をして、1時間遅れで診察に入りました。

先生には、とにかくだるくて起きていられない日が続いたことを報告。

しこりの状態も確認してもらい、なんとなく大きくなってきている気がすることを伝えると、

血液検査の結果から見ても、がんが進行している可能性が出てきました・・・

という、何ともショックな結論が∑(゚∇゚|||)

前回の治療で6000近くにまであがっていた数値が今回は何と16000impact

ま、この数値は細胞が壊れている数を表しているそうなので、これだけでは問題にはならないのですが、肝機能の数値が上がってきてしまいました。

私 「残りの薬に切り替えるにしても、今の薬よりも効く可能性は低いですよね?

先生 「うーん。そうですねぇ。何とも言えないですが・・・・

私 「抗がん剤が効く可能性が低いなら、胸の手術だけでもできませんか。毎日これが大きくなるのを見るのは本当に嫌なんです。この先抗がん剤が効かなくて、遠隔転移の症状と胸のほうと両方に苦しめられるのだけは避けたいんです

先生 「この状態だと原則としては手術はしません。その間に肝臓の方が悪くなるという可能性もありますし・・・。放射線がある程度効きますから、まずは放射線を考えますけどね・・・

夫 「本人が希望すれば、手術してもらうこともできるんですか」

先生 「うーん。お気持ちはわかりますが・・・。皮膚に浸潤しているので、場合によってはどこかから皮膚を移植しないといけないかもしれないですし、外科の先生はやりたがらないと思いますけどね

( ゚皿゚)キーッ!!

先生がやりたいかやりたくないかなんて、知るもんかッdash

こういう風に言われる予感はしていたんですよね。そりゃー、外科の先生たちは、治らない人の手術より、治る人の手術をやりたいでしょうよ。

でも、治らないからって、何でも我慢しないといけないのですか!?

よりよく長く生きるために、ちょっとくらい手を貸してくれたっていいじゃないですか。

担当の先生は、経験豊富で話もよく聞いてくださりますし、治療に関しても信頼していますが、これは言わなくてもよかったのに、と思いました。

あなたの娘が同じ立場だったときに、

外科の先生がやりたくないって言っているから、お前の手術はできないよ。我慢しなさい

って言うのかね。絶対に言わないでしょう。

もちろん、先生方も真摯に一人ひとりの患者と向き合おうとしてくださっていると思いますが、こういう発言はとても残念です。

病院内には転移・再発がんをサポートする専門チームがあればいいのになぁ、と思いました。初発の人と一緒に治療するから、先生方も大変なのですよね。日本はまだまだこの辺が遅れているような気がします・・・。

まだ血液検査としこりの状況からの判断なので、確実ではありませんが、来週CTを撮ってみて、その結果で今後の治療方針について相談することにしました。胸の手術については強く要求しておいたので、内臓のほうの転移がそれほど進んでいなければ、胸の方も何とかできるかもしれません。

今回の診察には、さすがに私も夫もガックリil||li _| ̄|○ il||li

肝転移の増大は恐怖です。このまま放っておけば、数ヶ月ということもありえます。

私としては、痛いの辛いのイヤ!なので、最後は緩和ケアに移りたい・・・と思っていますが、肝臓はかなり進むまで自覚症状が出ないので、緩和ケアに移るタイミングすらないのでは?という気もしています。

緩和ケアについては、家の近くの病院にめぼしをつけているのですが、胸のしこりが残ったままだと、こちらのケアも必要になってくるので、今の病院の方がその点ではいいし・・・。

帰りはかなり落ち込んでいましたが、お風呂に入っていたら俄然やる気が沸いてきました(*゚∀゚)=3
何事もあきらめたらそこで道が絶たれてしまいます。一生懸命頭を使えば、何か道筋が見えてくるかもしれません。

肝臓の転移が多発していなければ、ラジオ波で焼けないのか?とか、がんワクチンなどの臨床試験はどうか?なと、夫と次の対策を練り始めていますhappy01

抗がん剤がここまで効かないのだから、標準治療なんてすでに意味ないし、外科処置も活用して、モグラたたき的にやっつけていくのもありだと思うんですよね。

ただ、手術をするとなると、自由に動けない期間が出てくるわけで、放射線で胸のしこりをコントロールしながら治療を続けるのとどちらがいいのか、よく考えてみなければいけません。

治療方法ももちろんですが、楽しいイベントもどんどん実現させなくちゃ!という気になってきました。

今年の夏は高原に行きたいし、沖縄にもまだ行きたいし。

幸い私にはまだ何も痛みはないので、自由に動けます。

2010年の夏は、いろんな意味で大変だぁーーーーーsweat01sweat01sweat01

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村←ランキング参加中!クリックお願いします♪

|

« バテバテ ダルダル | トップページ | ☆イシガキナイト☆ »

コメント

そう!前向きに!!
とはいえ不安だよね~( ´・ω・`)

でも前向き大事。
「困ったことなんて起こらない、私は困ってなんかいない」と
思うことで、次第に周りの状況が、そうゆう風に変わるそうです。
(ちょっと宗教チックやけど、そうゆうのじゃないからねっ)

私もナベルビンがいつ効かなくなるのか、毎日不安だけど
「困ったことは何もおこらない精神」で日々乗り越えています。

新たな戦略もうまく練れて、そして検査結果が良かったらいいね!
たくさん武器をそろえて闘うのみっ!
いっぱい味方もいるしね。ここには。

投稿: akiraniann | 2010年6月30日 (水) 12時02分

Kottsuさんの心意気に、頭が下がります。
すごいよー。
ほんとに、応援するしかできないんだけど
いつも気持ちは送ってますからねっ!!!

それにしても「先生がやりたがらない」って!(怒)
そんなの患者には全く関係ないことだと思います。
来週の結果がKottsuさんにとって、良いものでありますように。

「不屈の精神」にあっぱれ!です(←知ってる?)

投稿: JOHN | 2010年6月30日 (水) 12時05分

diamondakiraniannさん
いつもありがとうございます!!
似たような状況で一緒に闘っている人がそばにいると、本当に心強いですheart04

トリプルネガティブは特に、がんの原因がわからないわけだから、意外な方法でよくなることもあるかもしれないですよね。
とにかく、元気なら健康な人と何も変わらないのですし、楽しく過ごすに限りますね。

まだまだ使える抗がん剤はあるのに、どの先生方の顔色も曇りがちで、そういうのはやめてほしいです・・・sweat02

diamondJOHNさん
いつもJOHNさんからパワーもらっていますよー!

最近は家族からも「お前はすごい」と驚嘆されつつあります。
石碑でも建てて崇めてほしいくらいです(笑。

「不屈の精神にあっぱれ!」は、何でしょう・・・?スミマセンsweat01

投稿: Kottsu | 2010年6月30日 (水) 12時48分

はじめまして。
ねこです。cat
ネットで石垣島のことを調べていて、偶然Kottsuさんのページを見つけました。
ガン患者の家族であった私は、その日からKottsuさんのことが他人とは思えなくなり、毎日ページを開いて読ませていただいておりました。
辛い状況の中、前向きに生きているKottsuさんはとても素敵です。
2人に1人がガンを発症するといわれる現代、発症したからと言ってネガティブに考えてしまうことこそが一番不幸なことだと思います。
生還率3%といわれながら、不屈の精神で生還し、その後Tour de France(21日間でフランス1周約4,000Kmを走る世界最高峰自転車レース)で7連覇を達成した、ランス・アームストロングさんが著書にこんな言葉を書いています。「ガンは僕の人生に起こった最良のことだ。」
今年も7月3日にTour de Franceが開幕し、アームストロング選手も出場します。
さあ、今日もはりきって生きましょう。

投稿: ねこ | 2010年6月30日 (水) 12時58分

Kottsuさんの前向きな生き方sign01
私も見習わないといけないですねclover

しかし、先生が手術やりたくないって患者に言うかねannoy

いつも応援することしかできないけどきっといい治療方法が見つかることを祈ってます。

投稿: ごめちゃん | 2010年6月30日 (水) 14時17分

diamondねこさん
はじめまして。
ブログを読んでいただき、ありがとうございます!

ねこさんも石垣島がお好きなのですか?
夏になると、すぐ沖縄に行きたくなってしまいます。

病は気からですから、落ち込まずに頑張りますpunch

diamondごめちゃんさん
いつも応援ありがとうございます!

前向きだけがとりえみたいなものです(笑。
がんが進行してしまったとしても、治験の薬も多少の作用はしてくれたと思うので、やってよかったと思っていますよ~。
発想を転換させて、何かいい案が浮かぶといいなと思います。

投稿: Kottsu | 2010年6月30日 (水) 15時01分

はじめまして。
Kottsuさんのブログを読んで、いつも元気と癒しを
いただいています。私も現在、再々発転移治療中です。
治療はエンドレスですが、どこかのブログで読んだ
「何かを失うのではないかという恐れを手放し、何かを
得るんだという明るさを持つこと」
"Life is not about waiting for the storms to
pass...it's about learning how to dance in the
rain."という言葉をモットーに、日々の生活を楽しむように
(奮闘)しています。

今回の診察結果をお聞きして、とても心配になりましたが
Kottsuさんがすぐに気持ちを切り替えて、前向きに次の
治療方針について考えていらっしゃることに、ガッツの
ある人だな~とうれしくなりました。

私も、いろいろ他の治療法や薬の組み合わせについて調べて
いて(多分、Kottsuさんの方がたくさん情報をお持ちかも
知れませんが)、参考になりそうな情報があれば共有できれば
と思ってますので、また時々お邪魔させていただきます。

投稿: らいおんちゃん | 2010年6月30日 (水) 15時47分

はじめまして。kumamiさんのブログでお見かけして、何時も読ませていただいております。
あなたは、すごい!本当に、素敵です。
私の姉も昨年乳ガンの告知を受けて治療中です。
何時も元気と勇気を貰ってます。

投稿: haa | 2010年6月30日 (水) 17時44分

久しぶりにコメントさせていただきますcatface

Kottsuさん、素晴らしいですね。
ホントに、見習わなきゃって思うほどに強いですshine
どこから、そのパワーが湧いてくるのでしょうか?
私はすぐにヘタレになっちゃうので、Kottsuさんの爪の垢でも煎じて飲ませていただきたいくらいです。

苦しい状況を、前向きに挑んでいらっしゃる。
なかなか心の整理が出来ずに悩むところを、普通にやっていらっしゃる。
それがすごいです。

そして、医者の言葉に怒りさえ覚えますpout
手術を嫌がるとか云々の問題じゃない!!!って言いたくなりますねsign03
残念な気持ちでなりません。
そして、専門で再発・転移チームがあるといいなって思いました。
今の日本では緩和ケアに入ってしまうのでしょうけれど、緩和ケアの中にもさらに細かく作ってくださればいいなって思いました。

Kottsuさんにとって、よりよく生きれる様な方法が見つかりますようにdash
私も、見習います。

投稿: やーりなか | 2010年6月30日 (水) 18時54分

いつもKottsuさんのブログに勇気をもらっているのに何も出来なくってくやしいですbearing
こんなに前向きに頑張っているんだからきっと癌もやっつけられるはずrock
離れているけど応援してますからねsign03

投稿: まりんば | 2010年6月30日 (水) 20時34分

Kottsuさん、おはよございます。

がん患者にとって、前向きに生きるって、すごいパワーがいりますが
このパワーがなくなったら、「病は気から」の気に負けちゃいますもの。
おいしいものたくさん食べて、頑張りましょう。

先生の「放射線があるていど、効きますが」の部分、聞き捨てならないです。
放射線は他組織にダメージも大きいので、「ある程度効きます」なんてこと
で、受けれるものではないのでは。

少し、お話したいことがあります。
よかったら、メール下さい。

投稿: いちご | 2010年7月 1日 (木) 07時56分

そうそう!!!
あきらめない気持ちを持って進めばきっと
道は続いてると思うshine

担当の先生にはどんどん訴えて納得のいく治療法
が見つかるといいですねconfident

投稿: yumiko | 2010年7月 1日 (木) 10時24分

はじめてコメントします。
もう絶対あきらめたら、だめです。
肝臓だって単発なら手術できるはずです。
http://www.gsic.jp/cancer/cc_25/lsv/support/02.html
国際医療福祉大学付属三田病院乳腺センターの先生もそう言っています。

どうか、うまくいくよう祈っています。

投稿: なるちゃん | 2010年7月 1日 (木) 11時22分

残念な結果に心ない発言。
先生の言葉は治療の一部なんだから、もっと気を配れ~!annoy

色んな角度から治療の方向性を見出してね。
トリプルネガティブの人に対しては、オーダーメイド治療って
必須だよ(アバスチンが効果あるみたいだけど…)

常に勇気と希望を与えてくれるKottsuさんheart01に、
良い風が吹いてくれますようにshine

投稿: | 2010年7月 1日 (木) 15時36分

↑名前を入れ忘れているのは私ですsweat01

投稿: FB☆AYA | 2010年7月 1日 (木) 15時37分

diamondらいおんさん
はじめまして。
コメントありがとうございます!!

らいおんさんも再発治療中なのですね。
再発治療には、これといった正解がないので、迷いますね。
医者というのは、あらゆる知識を使って、患者にとって一番治療方法を考えるのが仕事じゃないのかと思うのですが、なんか違う気がしていますsweat02

らいおんさんの情報もぜひぜひ教えていただければ幸いです☆
あきらめずに、頑張りましょう♪

diamondhaaさん
はじめまして!
コメントありがとうございます☆

お姉さまの治療はいかがですか?
haaさんのお姉さまもとてもガッツのある方だと思います!!
そして、こんな姉思いの妹さんがいらっしゃって、素敵ですね☆
kumamiさん、どうしているんでしょうね・・・。気になりますthink

diamondやーりなかさん
こんにちは。お久しぶりです!

そんなに褒めていただいて、ありがとうございますhappy01
元来お気楽な性格なので、こればっかりは病気になっても変わらないようです(^-^;
不安も一杯ありますが、できることをひとつずつチャレンジしていくしかないですね。

皆さんの応援を励みに、まだまだ負けませんよ~。

diamondまりんばさん
何もできないなんて、そんなことないですよ!
たーくさんパワーを頂いていますからshine
医者よりもなによりも、同病の方の言葉が一番の癒しですconfident
ありがとうございます!!

diamondいちごさん
皮膚転移なども含め、手術ができないような潰瘍については、放射線というのは一般的な治療法のようです。
放射線で多少小さくなったり、出血などを防げるようなんですね。
ただ、これも一時しのぎでしかないので、何ともいえない感じですね・・・。

治療法については、悩むところです。
患者が自分で調べて考えないといけないなんて、おかしいですよねー。
それは医者の役目だろっ!と思っちゃいます。

diamondyumikoさん
来週の診察では、色々と細かいことを話すと思うので、こちらの要望も伝えたいと思います。
また何か傷つくようなこと言われたら、母親と二人で泣いてやるっ!と思ってますよ~。
前の病院の主治医は、絶対にこういう残念な発言はしない先生だったので、いざとなったら元主治医に泣きついてみようかとも思ってますhappy01

diamondなるさん
はじめまして。
コメントありがとうございます☆

次の検査で肝臓の転移が多発していないといいな、と思っています。
単発だったら、何かしら手が打てるかもしれないですよね!
今から肝臓の外科処置についても少し調べていますよー。

diamondFB☆Aさん
本当ですよね~。
なんだか先生たちも感覚がマヒしてしまっているような気がします。
大学病院の主治医は、言葉選びにはとても慎重だったので、こういうことはなかったんですよ。

アバスチン、早く使えるようになるといいですよね!
最近、医者が先にあきらめるから、よくなるものもならないんじゃないのー!ッて気がしますsweat02

投稿: Kottsu | 2010年7月 1日 (木) 16時19分

kottsuさん、こんばんは!

kottsuさんのガッツ、いつもながら尊敬します!!
私はkottsuさんのこのガッツが大好きなんです!!
いつもいつもこのガッツに励まされ、力をもらいます。

どうかどうか来週の検査の結果が良い方向に向かう結果でありますように。。。。
ずっとずっと祈っています!!

投稿: fuku | 2010年7月 1日 (木) 20時40分

diamondfukuさん
こんばんは!
fukuさんに褒められると、俄然やる気がみなぎってきますlovely

肝機能の数値は、抗がん剤のせいということもありえますから、予想よりもよかった、という結果になればいいな~と思っています。
まだわかりませんものね!

投稿: Kottsu | 2010年7月 1日 (木) 22時44分

こちらの病院http://umezawa.blog44.fc2.com/
でセカオピを受けるのはいかがでしょうか?
患者一人一人に合った、最低量の抗癌剤で治療をしているそうです。
私の読む限り、たいへん誠実な先生です。
回し者などではありませんが、ご不快でしたらスルーしてください。

投稿: とおりすがり | 2010年7月 1日 (木) 22時44分

なんだか凄いコメントの量で、私のなんのアドバイスにも
ならないコメントを書くのが恐縮ですワ・・・・sweat01
でも皆さんがおっしゃる通り、何があっても気持ちを切り替えて
前向きに行くKottsuさんをリスペクトしますup
私の場合、落ち込むと、前向きに切り替えじゃなくて
現実逃避に走っちゃうので、ちゃんと勉強しなくちゃなって思います。book
胸のシコリもどうにかなるといいですね
患者の気持ち主体で考えてくれるといいのにね
そこは、ハッキリしつこく主張するしかないのかな?
それとも、もっと納得行く説明が欲しいですねgawk

投稿: バボ | 2010年7月 2日 (金) 01時37分

もし私の担当の先生はブログ出ししてます今アメリカから見えてる上野先生ともお会いして乳癌学会発表もししてますが一度相談メールしてみますか?教えますから緩和ケーアチームの先頭もしてますが

投稿: ルル・ちはる | 2010年7月 2日 (金) 02時12分

Kottsuさん、がんばって!
Kottsuさんなら乗り越えられると思う!
応援してるからね!
千葉の今村先生、浜松の渡辺先生は?
(臨床試験)http://www.jbcrg.jp/

投稿: じゅんじゅん | 2010年7月 2日 (金) 07時18分

Kottsuさんはじめまして。青猫といいます。
私は今術前化学療法中ですが、バリバリ強烈な皮膚転移持ってます。
変色やしこりの増大、また手術するなら皮膚の移植が必要という話…一緒一緒〜私もそうだった〜と共感してしまいました。
私も秋には化学療法の評価をしてもらい、その後手術という予定と聞いていますが、たとえ手術できない段階になっていたとしても、絶対してもらうつもりです。
毎日うんざりですもの。朝晩の浸出液対策の処置。お風呂にも落ち着いて浸かれないし、テープかぶれもひどいし。
Kottsuさんのお気持ち、よく分かります。よい解決策が見つかるよう願っています。お互い頑張りましょうね!

投稿: 青猫 | 2010年7月 2日 (金) 07時36分

Kottsuさん、はじめまして。
少し前からブログ拝見していて、
いつか声を掛けさせて頂こうと思っていながら
勇気が出ず、今日になってしまいました、、

状況がとても私と似ているので気になっていました。
(遠隔転移に関しては私の場合、定かではなかったです。
 ACにて肝臓の影は消えたので。ただし、血液検査の
 肝臓の数値は異常でしたが、先生は問題視しませんでした。
 地元では大きな病院で、特別な所とかではありません)

単刀直入に、
手術希望ならば可能なのでは?と思います。
私も最初から胸の上方にコブの用に出ていて、
ACにて多少小さくなるも、
その後のドセタキセルでまた大きくなってしまい、
それを中止して先生に手術で年末に取ってもらいました。
もちろん、ごっそりいったので、植皮もしました。

コメント欄に詳細を書くのもなんですので、
もしその時の状況がお力になれるものでしたら
写真などもお見せできます。

怪しい人間と思われたらと心配ですので、
病気とあまり関係ない内容ですがブログアドレスを
貼り付けておきます。
気になりましたら当ブログにご連絡くださいませ。
ちなみに、術後7カ月の現在、まだ傷は治らず、
術後の化学療法はまだ出来ない状態です。
(トリプルネガティブでもあります)

お身体の辛い時に長々と失礼しました。
どうぞご自愛くださいね。

投稿: く子 | 2010年7月 2日 (金) 11時54分

diamondとおりすがりさん
情報提供ありがとうございます☆
梅澤先生のことは存じ上げておりますが、今の段階ではまだお世話になることは考えていません。
なんせ抗がん剤自体がほとんど効かないので・・・sweat01
もう少し、色々と情報を集めてみたいと思います!

diamondバボさん
バボさんにコメントいただけるだけで嬉しいですよーheart04
いつもとても癒されています!!
再発・転移していても、前向きにあきらめずにいてくれる先生に出会いたいです。
そういう先生の姿勢だけでも、病気っていい方向に進むのにな~と思いますね。

diamondルル・ちはるさん
ありがとうございます。
もう少し色々な方法を自分で考えてみたいので、大丈夫ですhappy01
今お世話になっている先生も、かなり熟練の先生ですので、先生の治療方針を聞いてみて、判断したいなーと思っています。

diamondじゅんじゅんさん
応援ありがとうございます!
渡辺先生には一度お話を伺ってみたいなーと思っているんですよね。
最後まであきらめずに治療してくださりそうですし・・・。
場合によっては、まだセカオピをとるのもひとつの手ですね。

diamond青猫さん
はじめまして!
同じような境遇の方からコメントをいただけて、とっても心強いですsign01

医者はガイドラインに沿った治療をして、それでもダメだったらあとは患者に我慢してくださいなんて、そんな話はないですよね。
少しでも患者の負担が軽くなるような治療を考えろ!と思います。

治験の抗がん剤で茶色くかさぶたみたいになったところがはがれてきていて、この先どうなるんだろう・・・という状況ですweep
先生に「気持ちはわかるけど」といわれましたが、「いーや、絶対にわかってないッ(#`皿´)」と思いましたよー。

diamondく子さん
はじめまして!
コメントありがとうございますm(_ _)m

手術後7ヶ月経っても傷が治らないということがあるんですね。
手術できないことはないと思うんですよねー。
ただ、肝臓のほうに確実に転移がありますから、これをどうしたものかというところですsweat02
手術はしてほしいけど、踏ん切りもつかない、というところですね・・・。

投稿: Kottsu | 2010年7月 2日 (金) 12時40分

2度目の書き込みになります。
家内が乳癌治療中です。
もし家内がKottsuさんの病状と同じだったら、私ならこの先生と一度会って見ると思います。
http://umezawa.blog44.fc2.com/
余計なお世話なのかもしれませんがどうしても他人事とは思えず
書き込みいたしました。
病状の回復を願っています。

投稿: やたち | 2010年7月 2日 (金) 13時05分

diamondやたちさん
コメントありがとうございます。
まだ標準治療内の選択肢が消えたわけではないので、それも踏まえてよく考えたいと思います。
奥様もよい治療が受けられますように!

投稿: Kottsu | 2010年7月 2日 (金) 14時24分

kottsuさんhappy01こんばんはsign03
kottsuさん、頑張りましょうねsign03いろんな治療やってくださいhappy01
私はハナビラタケという、キノコを食べてますcoldsweats01
免疫力がアガリクスの何倍も上がると聞いて、今も続けていますsign03
それから体温を上げると癌細胞に効くと言われ、自宅で岩盤浴と同じ効果のマットを買いましたcoldsweats02
癌細胞は43度で死滅するそうですsign03私も抗がん剤をやりながら汗を沢山だして体温を上げましたsign03
私も応援してるので負けないでくださいsign03

投稿: haruharu | 2010年7月 2日 (金) 20時19分

はじめまして。

私も同じ乳がんで闘病中です。

今とてもつらい状況だと思いますが、なんとか打開できるよう
祈っております。

私がこの病気になって初めて行った薬局で聞いた話ですが、
その薬局の薬剤師さんが10年以上前に肺がんになり、
抗がん剤が効かないタイプで、医者からほぼ見放されたんだ
そうです。でも知り合いから勧められた「免疫治療」をする
ことになり、横浜にあるサトウクリニックを数回受診し、
その方は奇跡的に完治したそうです。

直接その本人から聞いた話なので、私ももしもの時は、
この治療をしてみようと考えています。

ひょっとしたらご存知だったかもしれませんが、ご参考までに。

http://www.yscbrp.com/

投稿: miu | 2010年7月 2日 (金) 22時59分

kottsuさん、お疲れ様です。
ちょっと忙しくてPCの前に久々に座ってます。
退院してどうかなって思ってたら…
kottsuさん、えらいっ!! すごいっ!! あっぱれです!!
kottsuさんは皆に勇気を送ってくれてるよsign03
いつもそばには最愛の人がついててくれるから強くいられるのかな。
すごく羨ましい夫婦だなぁlovely
私も祈ってるからねrock

投稿: ポコ | 2010年7月 3日 (土) 08時51分

私も免疫細胞療法をいちど検討してみては、と思います。「あきらめない」をモットーとした治療法だと言われています。無料相談もしてもらえるそうなので 検討してみてください

投稿: yaccha | 2010年7月 3日 (土) 10時05分

diamondharuharuさん
ありがとうございます。
私もよくきのこは食べるようにしています!
トリプルネガティブで抗がん剤が効かないタイプは、普通の乳癌ともかなり性質が違うもののようなんですよねー。
同じ「がん」というくくりでも、まったく別物として考えた方がいい、と書いてあるのを見たことがあります。
とにかく私にできることは、毎日楽しく過ごすことしかないので、また楽しいイベントを考えたいと思います。

diamondmiuさん
ありがとうございます。
免疫療法に関しては、私の方では頭が回らないので夫に調べさせていますhappy01
免疫療法については、効果と費用の兼ね合いですね・・・。

diamondポコさん
いつもありがとうございます!
夫を一人にしちゃいけない!という気持ちは強いですねー。
夫もまだ若いのにこんな目にあっちゃってかわいそう・・・sweat02
今のところ、まだ何も自覚症状がないのだけが救いです。

diamondyacchaさん
免疫療法については賛否両論あるので、慎重に検討しています。
何か自分にマッチするようなものがあればいいと思いますが、お金もかかりますしね・・・。

投稿: Kottsu | 2010年7月 3日 (土) 10時24分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110462/35585963

この記事へのトラックバック一覧です: 不屈の精神:

« バテバテ ダルダル | トップページ | ☆イシガキナイト☆ »