« バリ島旅行 2009① | トップページ | バリ島旅行 2009③ »

2009年7月21日 (火)

バリ島旅行 2009②

<2日目>

さて、ウブド2日目です。ウブドは思った以上にさむーーーい!!体が冷えます。朝は少し雨が降っていたよ。Img_0293_small

昨日ガイドさんもホテルの人も教えてくれなかったので、朝食の場所がわからん。とりあえずここかな・・・というレストランに向かうけど、入り口がわからん。結局変なとこから入ってしまった。朝はビュッフェスタイル。中庭のあるレストランで、景色はすこぶるよい。品数はそれほど多くはないけど、フルーツジュースがたくさんあるのがいいね。

ホテルで両替したんだけど、レートは成田空港のほうがよかったなぁ。ホテルでするなら、成田で両替していってもいいかも。ホテルはぼられることはないので安心だけどね!中途半端な時間になってしまったので、ホテルの中を少し散策して、11時初のシャトルバスでウブドの市街地に向かった。王宮の前に各ホテルのバス停があるので、帰りはここから乗ればいいらしい。Img_0310_small_4 ウブドの街は、予想以上に人がたくさん!ものすごくにぎやかだ。

Img_0301_small Img_0304_small まずは、サレン・アグン宮殿を見学。ここは今でも王族の人たちが住んでいるらしい。立派な建物ばかり。バスを待つ間の休憩所にもなってるみたい。

Img_0311_small Img_0305_small_2

とりあえず、ウブドで必ず行こうと決めていた「ウブド・ミュージック」へ。ここで、お目当てのガムランのCDを2枚購入。各65,000ルピア也。安いね。

道路の両脇にはお店がたくさん。色々あるけど、値札がない店も多いので、なかなか入りづらい。しかも、歩道がでこぼこすぎて、ゆっくり周りの店を見ていられない。途中にあったミニスーパーでお土産の値段を確認しておき、ガムランボールを探しに行くことに。「アスタリスク」という店を調べてあったので、そこへ向かう。

と、途中で「あれ、マヤ・ウブドのお客さんじゃないー?」と声をかけられた。「11時頃にロビーで見かけたからさー。僕ね、朝ごはん作ってるの。奥さんが日本人なんだけど、ビザが切れちゃって来月また日本に戻る。今ね、お給料でたからガムランボール買ってきたんだよー」と流暢な日本語。そこでやめておけばいいものを、私がつい「お勧めのお店はありますか?」と聞いてしまった・・・。「じゃあ、バイクここにおいて案内しましょうねー」とお兄さんお勧めのお店に行くことに・・・。「いつきたの?バリは初めて?いつまでいるの?」と夫に質問するお兄さん。なんかいやな予感が・・・。現地で日本語ペラペラの人には要注意!とガイドブックに書いてあったような・・・。

連れて行かれたのは、私が行きたかった店ではなく、看板も値札も出ていないシルバー屋さん。あー、やってしまったのか。お兄さんいわく、「このお店はお寺の娘さんがやっている。ガムランボールは1年に1回しか作らないから、価値がある。ここでは、インドネシア人も外国人もみんな同じ値段ね」(日本語の案内には、「交渉してみてくださいね!」と書いてあったけど・・・)お店の女の子がミネラルウォーターをくれ、しきりに耳元で商品を進めてくる。「自分用なら大きいガムランボールとネックレス、お土産用なら小さいのとストラップだよ」といいながら、ガムランボールのよさを説明してくれるお兄さん。奥さんは吉祥寺のお店の店長さんだとか、結構細かい情報をくれるので、うそかほんとかわからない。結局中くらいのガムランボールとストラップを350,000ルピアで購入。後で他の店を見てみたら、まぁぼったくりというほどの値段ではなかった。バリで会った人の中では一番日本語が上手だったから、敬虔なヒンズー教徒でいいガムランボールを買ってもらいたくて勧めてくれたんだと信じたい・・・。でも、自分で選んで納得した金額で買いたかったから、とても複雑な気分になった。Kc3i0010

お兄さんと別れて落ち込んだ気分のまま、お昼を食べに行くことにした。予定よりガムランボールにお金がかかってしまったので、街中で両替する。モンキーフォレスト通りの途中にあった、提灯が下がっている両替所でルピアに交換。旅行中ここが一番レートがよかった。

お昼ご飯は前々から決めていた、カフェ・ワヤンで。ここはとても雰囲気がよかった。スタッフの人のサービスも抜群!みんな英語が話せるみたい。すごいなぁ。ここでは、ビンタンビールとナシ・ゴレン、ナシ・チャンプルを注文。ナシ・ゴレンはスパイスが効いていておいしかったんだけど、全体的に油がすごすぎて・・・。夫のナシ・チャンプルは微妙だったらしい。今でも後悔している(笑)。この1回のご飯でインドネシア料理に負けてしまった私たちでした。

帰りのシャトルバスに乗るのに、ギリギリの時間になってしまった。でも、できればウブドでお土産を買ってしまいたい。シャトルバスは1時間に1本なので、仕方なくゆっくりお土産を買うことにした。さっきのこともあるし、お店に入って店員さんにつかれるのも面倒なので、ミニスーパーでお土産と飲み物を調達。水道水が飲めないので、ミネラルウォーターを買い込まなければいけないのが痛い。夫が「目をつぶると、カスミ(地元のスーパー)の帰りみたいな感じだ・・・」と嘆いた。

Img_0315_small_2 お祭りがあるのか、たくさんの人がお供えに来ていました。

暑さと喧騒に疲れきってしまったので、ホテルに戻ることに!

ホテルについたらちょうどアフタヌーンティーの時間だったので、フルーツジュースとケーキをもらう(無料)。いい席を取ったと思ったら、ジュースの匂いに引かれたのか、巨大な蜂が私を襲ってきた。何で私だけそんなに襲うんだー。見たら手で払ってしまいそうだったので、見ないようにして必死に耐えた・・・。こんなとこで蜂に刺されて死ぬのは嫌だ!蜂の襲来が怖いので、さっさと退散。

その後、楽しみにしていたプールで遊ぶ。といっても、曇りでかなり涼しいので、プールに入っている人がほとんどいない・・・。それでも、我々は果敢に攻めてみた。プールに行ってデッキチェアを選ぶと、係りの人が水をもってきてくれる。つめたーーーいプールにほとんど独占状態。どうも日本人が入ると温泉みたいな気分になるねー。

そうはいってもやっぱり寒いので、1時間くらいで部屋に帰り、お風呂に入って温まる。なんだかとても冷えてしまったみたい。夜ご飯をどうすっかーと夫と相談していたら、アジア料理の店に行きたいという。私はお昼の油ギトギトご飯でお腹が一杯なのであんまりいらなかったんだけど、夫は食べたいんだなーと思って、そのレストランに行くことにした。そしたら、なんと夫はそこはバーだと思っていたらしく、入ってから普通のレストランのメニューと気付いて困惑。え、だってバーに行きたいなんて一言も言ってなかったよ??仕方がないので、スペシャル・ナシ・ゴレン、鶏肉のスープ、ビンタンビールを注文。ところが料理が出てきたとたん、夫が気持ち悪くなってしまい、二人とも全然食べれない・・・。なんてこったい、もったいない。しかも、またもや油がすごい!!これでもう二人ともインドネシア料理が食べられなくなりました。結局ちびちびと私がご飯を食べ進め、少し残してしまったけど部屋に戻ることにした。

部屋に戻ると夫はダウン。どうもプールで体が冷えて、お腹の調子がおかしくなったみたい。私も暖かいお茶を入れてあったまる。何だって部屋の中までこんなに寒いんだー!南国に来たつもりが二人して寒さに震え、しかも昼間も現地の人にだまされたのかな・・・とかいろんな気持ちが混ざり、ブルーになった2日目でした。

|

« バリ島旅行 2009① | トップページ | バリ島旅行 2009③ »