« 癒し空間 | トップページ | バリ島旅行 2009① »

2009年3月14日 (土)

笠森観音

親からよかったよ~と進められていた「笠森観音」に行ってきました~♪rvcar

ゆくゆくはどこに住むかを決めるためにも、もっと千葉県を知ろう!というわけで、途中の千葉の街の雰囲気も見ながらドライブする、ということになりました。(←といっても、夫は運転手なので私だけがわーきゃーいいながら景色を堪能する)うちから笠森観音までは1時間半くらいはかかったかな。

東金のあたりまで来ると、「お、海が近いぞ」という感じになり、とても空が広い。大網は、駅の周辺はそれなりに栄えているのに、ちょっと外れると結構田舎だ・・・。茂原は想像以上ににぎやかだった。歩道もきちんと整備されているし、お店もたくさん。千葉にも近いし、住みやすそうな町だね。

茂原の中心地を外れて笠森観音の方へ向かうと、千葉とは思えない風景が広がる。千葉にはまだまだのんびりした田園地帯があるんですね。笠森観音には無料の駐車場があって、何台かとまっている。若い人はいないようだ。

入り口から緑に囲まれて、なかなかいい感じ。ひっそりしているけど、趣がある。Kc3i0001

もう若くない私たちは、階段でかなり疲れたー。

そして、笠森観音といえばひそかに有名なのが、「子授けの楠」。

Kc3i0003この穴をくぐると子宝に恵まれるということで、結構ここを訪れる夫婦もいるらしい。せっかくなので、くぐってみる。・・・・穴は小さいですcoldsweats02。夫が「全然大丈夫そうだよー」といってくれるものの、お尻が引っかかりそうなんですよっ!仕方がないので、腹ばい状態で穴を抜け、ようやく足をつくことができた。(つまり、やせてないので穴の部分でひざまたは足を立てることができない)でもまぁ、くぐりぬけられたんだから、いいか。赤ちゃんもこんな風に苦労してでてくるのかなーなんて、感慨深くなってみたり。結構この穴の大きさもポイントなんじゃないか。これをくぐれない人は、太りすぎで妊娠以前の問題ですよ!といわれているような気がした。くぐれてよかった。

Kc3i0004 そして、お寺は立派でした~。それにしても、高すぎる・・・。上まで行くのに一苦労。とにかく階段上るのが怖くてねぇ。高所恐怖症の私は、怖すぎて殆ど外を見ることができませんでした。柱にしがみついて歩くので精一杯。ちゃんとおまいりはしたけど、上からの景色はあまり記憶にない・・・。あんな岩の上にどうやって立てたんだろう。建立当時の床も残されていて、びっくり。この上を歩いたら私の重さで床が抜けてまっさかさまだな・・・とか、そんなことばかりを考えていた。夫は楽しそうでした~♪

さて、この後は最近サーファーが集まりおしゃれになっているという、一宮の方へ出かけてみることに。海沿いにカフェやら色々あるというので、九十九里ビーチライン沿いを走ってみたんだけど・・・・、おや?何もないぞー。途中でもう1本海沿いの道なのでは・・・ということに気がつき、疲れた夫を励ましながら、また一宮方面へ戻ることにした。すると、海沿いに色々とお店が出てきた!どうやら夫が調べていた道を私が読み間違えて、一番栄えているところだけ通らずに走ってしまったらしいcatface

一宮は確かにほかの海岸沿いと違って、サーフショップやカフェレストランのようなものがたくさんできていた。「海岸」ではなくて「ビーチ」っぽいぞ!途中でご飯を食べようかといっていたのだけど、おしゃれな反面、「サーファーのみ」っぽい感じのお店が多くて、入りにくそう。もう少し先の海岸沿いで海鮮を食べた方がいいね、ということになり、一宮では休憩しなかった。でも、ところどころに小さいカフェなんかがあって、ふらっときてもいいかも~と思ったよ。みんな看板が小さすぎて、気付いたときには曲がれないんだけどね・・・。

初めての道を車で走ったからか、二人ともぐったり。でもまぁ、いろんな街の雰囲気がわかったので、よかったかな。まだまだ色々といってみるぞfoot

|

« 癒し空間 | トップページ | バリ島旅行 2009① »