« タイ旅行④ | トップページ | さくらの山公園 »

2008年3月30日 (日)

タイ旅行⑤

<3日目つづき> 夜ご飯に挑戦!

コーラル島から3時半ごろに戻ってきて、結構疲れていた私たちはしばし部屋で休憩することに。こんなときはコンビニでタイのGreen Teaを買うのがよろしい!!日本の緑茶とは違い、ほんのり甘いので、疲れた体によく効くのよね。いろんな種類がでていて、どれもおいしかったっす。毎晩1本は飲んでいました。

さて、4時ごろになり、街へ繰り出しました。1日目に少し街中を歩いたので、大体の位置関係はわかっている。ガイドブックに「日本語メニューあり」と載っていた、「パトンシーフード」というお店で食べようと思っていたので、お店まで行って見ることにした。タイのレストランは、どこも店先にメニューがおいてあり、自由に見ることができる。眺めていても、店員さんは来ないので、じっくりお店を選べるのだ。

パトンシーフードまでは歩いて10分から15分くらい。プーケットは2時から5時くらいまでが一番暑いらしいので、4時半とはいえ全然涼しくない・・・。強靭な体を持つ旦那ですら、ばて気味。道沿いの露天をぶらぶら見ながら店の勧誘をかわし、レストランへ。パトンの海沿いには結構立派なレストランが沢山ある。

パトンシーフードに着き、さて、メニューを見てみる。うーん、特に安くない・・・。いや、日本で食べる金額に比べたらかなり安いんだけど、タイの物価的にはそれほど安くない。まぁ、ちゃんとしたレストランだということよね。しかも、魚料理のメニューの金額は「重さによる」とある。こりゃーどーやって注文するんだろう・・・?ひとしきりメニューを眺めたあと、まだ夜ご飯には早いので、他の店も見てみることにした。

タイ語もわからない私たちは、ここで早くも路頭に迷った。ガイドブックを見ても、それほど沢山のレストランが載っているわけではないので、あまり役に立たない。高級店に行く気はないし、タイ料理を何品か食べれればそれでいいのだ。プーケットはレストランもそれなりに観光地化されている。屋台で食べれば安くておいしいんだろうけど、やっぱりまだ不安。無理して食べておなか壊したら嫌だしねぇ。私は注文とか小心者で出来そうにないので、「なんならマックとかサブウェイとかでもいいよー・・・」という気持ちになっていた。

違う道をホテルの方へ戻りながら、お店を探すことにした。私がガイドブックで見て覚えていた、"Dang Restaurant"はどうだろう?ということで、こちらをチェック。ここも店先にメニューがあるので、見てみる。おお、いい感じじゃないか。安いし、一通りタイ料理がある。小さい店だけど、こぎれいで、外国人のお客さんで一杯。一応この先の道も探してみたけど、いまいちちょうどいいところがなくて、この"Dang Restaurant"に決定!!

お店にはアジア系の人はうちらだけ。お店の人は気を利かせて、写真付のメニューを持ってきてくれた。私の大好物、パッタイ(タイ風やきそば)と、グリーンカレー、鶏の炭火焼、レモンジュースを注文。お店の人に、「ライスは?」と聞かれたが、「やきそばだからいらないよー」と思い、NO!と言ってしまった。これはね、グリーンカレー用のご飯だったのよね。お姉さん、それなら旦那のほうを見て言ってくれなきゃさ。ということで、再度お姉さんを呼びとめ、旦那にライスを頼んでもらった。「Sorry!」と旦那が笑顔で言ってくれたので、お店の人もにこっとしてくれたよ。よかった。旦那の八重歯は世界に通用しました。

肝心のご飯はというと・・・・これが激ウマ!!!!まさにこんな料理が食べたかったのよ~という感じ。器も盛り付けも綺麗だし、おいしいし、言うことないっ!この店にはまた次ぎ行ったときにも入りたいなぁ。欧米人ばかりのお客だけど、日本人でも入りやすいし、お勧めです。カレーとかは大体100B前後(300円ちょい)、私が食べたパッタイは50Bでした!

帰りはバングラ通りという繁華街を通っていったんだけど、夜は歩行者天国になっていて、怪しげなムード満点だった。渋谷みたいな感じかなぁ?写真を取らなかったのが惜しいけど、プーケットは本当に毎日お祭りみたいで、楽しい街です。プーケット最後の夜だから、もっと遊びたかったけど、とにかく疲れてしまっていたのと、雨が降ってきたので、コンビニでビールとお菓子を買って部屋に戻った。

部屋ではタイのトレンディドラマ?みたいなのとかニュースとかをだらだら見ながら、お酒を飲んで、12時前にはおやすみなさい。明日は8時集合で、バンコクへ行くのです。プーケットの街とお別れするのは名残惜しいのう・・・。

|

« タイ旅行④ | トップページ | さくらの山公園 »