« 教習所⑦ 明日は仮免検定 | トップページ | 教習所⑨ 応急救護 »

2007年7月20日 (金)

教習所⑧ 仮免検定

ついに仮免検定を昨日受けてきました~!!!もう前日からドキドキして仕方がなくて、当日朝も6時半に起きたものの、ご飯はのどを通らず。仕方がないので、コーンフレークを流し込んで、8時40分ころに教習所に着いた。一番乗り。

今日の検定受験者は、7,8人。検定員の教官が、今日の流れについて教えてくれる。コースは4つあって、教官が随時「○番を右」とか言ってくれるので、覚える必要はない。つまりいつもの教習と同じような感じで走ればよい。検定開始前に、教官が色々と間違えやすい点についてアドバイスをくれて、やさしいなーと思った。

いよいよ検定が始まるが、3つの車に分かれる。先に2台車が検定を行うので、私たちのグループは待機。ドキドキするよー。私のグループはもう一人大学生らしき男の子と私の2人だけ。男の子の方はマニュアルらしい。コースは一番簡単なやつになった!!ラッキー。発着点の位置が難しい方じゃない。苦手な左折もない。よかった・・・。

先の2台の車の検定が終わると、私たちの番になった。私は2番目に乗るので、先に男の子のマニュアル車の検定。私は後部座席に乗る。ワクワク。男子、超緊張している。大丈夫か???教官が全部道順を出してくれるんだけど、ウィンカーを反対に出す、ウィンカーを出し忘れる、と言うミスが多発。たびたび教官に「ウィンカー・・・」と言われていた。(教えてくれるだけ優しいよね?)ハンドルさばきもおかしくなって、大回りしたり、すごい回したり。とにかく緊張しまくりで、私の緊張はすっかり解けましたよ。これなら私のほうが運転うまいんじゃん。

男子の試験が終わった後、車をオートマに変えて、私の番。昨日の教官に言われた、「いつも以上にゆっくり」を心がける。が、しかし、やはり緊張しているので、なんでもないカーブで大回りになってしまったり、失敗したことのないクランクがぎりぎりだったりと、それなりにミスはあった。とは言うものの、縁石に乗り上げることもなく、手順も間違えず、まずまずの運転といったところ。大きなミスはなかったので大丈夫だと思ったけど、後は安全確認を気づかないうちに忘れていなかったかが気がかりだった。

試験後、学科の教室で20分ほど待っていると、担当してくれた教官が来て結果発表。3つあったグループのうち1つのグループの男子大学生(ジャック・スパロウのまねをしてるのか?という長髪ナルシスト君)は残念ながら不合格の模様。部屋に帰ってこない。私たちのグループは・・・・二人とも合格!私の運転に対するコメントは、「全体的によくまとまっていたけど、少し元気がなかった」とのこと。いつもよりゆっくりめに走ったのでいいんです!後は、左折時に少し大回りになってしまっていたみたい。ま、実際の車道では所内みたいなきつい左折はないから大丈夫でしょうとのこと。

そのあと、10:30から学科試験を受けて終了!!午後5時に結果が出ると言っていたけど、3時ごろに教習所からメールが来て、合格でした♪ヤッタネ。

次からはいよいよ恐怖の路上教習だ。帰りに自転車で路上教習で使う「五日市街道」「青梅街道」とやらを視察して来たんだけど・・・・Σ(゚Д゚; すさまじく恐ろしい道路でした。まさにザ・東京です。トラックが多すぎる・・・。どうやって合流するんだ・・・。でも、こわごわ走っている教習所の車が沢山いた。1台だけじゃないと思うと、心強いね。

早速一番面倒そうな「応急救護」3時間の学科教習を日曜日に予約してみた。嫌なものはさっさと終わらそう。日曜なら参加者が沢山いて楽なんじゃないか。8月にはいると学生が増えてくるし、教官も夏休みでいないということが多いらしいから、7月中にできるだけ進めちゃいたいね。でもそんなときに限って仕事が結構入るのよね。不思議だ。

運転のうまい女になるぞ!

|

« 教習所⑦ 明日は仮免検定 | トップページ | 教習所⑨ 応急救護 »