« 立川昭和記念公園 | トップページ | 教習所② 運転3日目 »

2007年6月24日 (日)

教習所

ついに先週、恐怖の教習所に申し込んでしまいましたー・・・。田舎に引っ越すためには必須!ということはわかるのだけど、値段の高さと車の恐怖でしり込みしていた私ですが、「6月お申し込みの方限定!25万円!!」という教習所のチラシにやられました。今しかない、と・・・。

教習所は、受付のお姉さんも若くて、皆さん感じがよかったので、一安心。全体的にサービス業という意識が定着していて、怖そうなインストラクターもあまりいない。3時までに申し込みに行けば、当日中に入所ガイダンス、適性検査、先行学科を受けられるというので、早めに行った。まだ手始めだというのに、この日既に疲れました・・・。

先週の火曜に申し込んだんだけど、学科は順調に進み、明日で全て終わり。学科はね、気が楽なんだけどね。

昨日初めて車に乗ったんだけど、何が何やらわからないまま2時間が過ぎてしまった。汗びっしょり・・・。初めて乗るんだから、丁寧に教えてくれて、まぁ、所内をぐるぐる回るくらいだろう、と思っていたんだけど、最初に左折コーナーのあるコースなもんで、初めから冷や汗ものだったよー。対向車の女の子は私がはみ出してきたからかなりビビッていたし(笑)。カーブの曲がり方がさっぱりわからん。「遠くを見てー」といわれるからとにかく遠くを見て曲がってみたら曲がれた、みたいな感じ。自分の車の位置なんか全然見えてない(汗)。(でも確かに車の先端とか目の前を見てしまうと曲がれないのよね)

どのくらいハンドルの切るのかとかも完全に感覚なので、先生は特に何も教えてくれないし(切りすぎたら直してくれるけど)、直線にかかったら「さー!速度を出してみよう」といわれこわごわ40キロだして、すぐカーブ!ちょっと何かに気をとられると車はふらふら~と動いてしまうし、とにかく運転しながら指示が出されるので、超パニックよ。

1時間目に所内の外周でカーブを曲がって、直線では速度を上げて、カーブの手前で速度を落として、ということをやったんだけど、2時間目には早速別コースで右折、左折の連続。そして、「ハイ、この車は抜いてよろしい!」とかいわれて、横をぴゅ-っと通ったり。ウィンカーも自分で出しました。

とにかく必死の2時間だったけど、課題としては「ハンドルの戻し方と目線」だそうです。確かに。なぜかハンドルを戻すときに手がぐちゃぐちゃになる(笑)。ハンドルに気を取られると、ブレーキ踏んでとまっちゃうしなぁ。後は目線。これはまだまださっぱりわからん。速度の上げ下げと幅寄せは善くできているとのこと。

別に怒られたりしたわけじゃないんだけど、「ちょっとハンドル切るの早くない?」とか言われたって、初めて乗るんだからわからん!!私は褒められて伸びるタイプなのよ!空いている教官を指名できるので、次はまた違う人にしてみようっと。

運転というのは感覚的なものだから、うまくできるか心配。頭で考えておかしなことになっちゃいそう。手と足を動かして、あっちも見て・・・みたいなのが苦手だよーう。みんな始めは自信ないのかな。これでも普通なのかな。

いろんな人の教習所ブログなんかを見ていると、3時間外周を周る練習だけだったとか、縁石に乗り上げたとか、色々いるからそんなものかーとも思うんだけどね。お金かかるのやだから1発合格で行きたいよねぇ。

私の教習所では高速教習もしっかりあります。今から超超超怖い・・・。早く車に慣れますように。

|

« 立川昭和記念公園 | トップページ | 教習所② 運転3日目 »