« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月28日 (木)

結婚準備(マリッジリング&衣装合わせ)

なぜか急ピッチで結婚することを決めたので、式当日まで早2ヶ月。ぼちぼち準備をすすめないといけない。ここは決断力の早い二人。マリッジリングも衣装も1日で即決~!

☆マリッジリング選び

沖縄から帰ってきた翌日に銀座で指輪探し。その前に上野にも見に行ったんだけど、どうもいまいち。安いのが多いけど、雰囲気がね~。客層も上野ー!という感じだったので、改めて銀座へ行くことにした。銀座にはお店がたくさん集まっているので、地図に目的地を書き込んで行ったんだけど、結局1店目のGALAで決定。3万円くらい値引きしてもらい、とてもラッキーだった。事前にカタログとかもらって大体デザインを決めていたので、早かった~。ちゃんとしたお店だと、飲み物付で担当の人が色々とためさせてくれる。私たちの場合、私の手が小さくて(7号)、彼の手が巨大(21号)なので、なかなか二人にあうデザインがなくて困った・・・。私に合うリングとセットのやつを彼がはめるとかなりおかしい。なんだか女装してるみたいな感じ(笑)。(本人曰く、「ストッキングはかされてる気分・・・」だったそう。)結構笑えた。あまりにもシンプルなものだと老けて見えたりするし、二人ともラフな格好が多いので、カジュアルな指輪にすることにした。歳とって似合わなくなったらまた買いなおせばいいよねー、ということで。あまりマリッジリングとしてつけている人がいなさそうなデザインにしたので、年配の人が見たら「変わってる」と思うかも。ふふふ。でもいいのだー、みんなと同じじゃつまらないし、気に入ったものがいいもんね。彼は私に似合うのでいいといってくれたけど、やっぱり仲良く一緒につけたいので、二人が納得できるデザインにした。仕上がりは11月初旬!楽しみだー♪

☆衣装合わせ

そして今日、朝一番で衣装合わせ。準備の中でも一番楽しそうなのでわくわく。

私はもともとあまりウェディングドレスに興味がなかったので、式も披露宴も和装。係りの人に「白無垢と色打掛けですか~?」と言われ、「いえ、式は色打掛けで、お色直しが黒引き振袖です」と言ったものの、理解してもらうのに時間がかかった。そういう人はいないのか???ワタシオカシイ???

まずは写真で着てみたい着物をピックアップする。黒引き振袖は5種類くらいしかなかったので、すんなり2つに絞り込めた。あまり柄が派手なものはいやだったので、落ち着いた感じのものと小さいな柄がちりばめられたものを選ぶ。最初に来た着物はシックでよかったんだけど、どうも列席者?というくらいのジミさ。もうひとつの方は、黒地に細かいラメのようなものが入っていたので最初はどうかと思ったのだけど、小さな絞り染め風の柄がちりばめられていて意外とかわいい。ということで、ラメ入りの方に決定。

色打掛けは思った以上にたくさんあって選べない~!!色も何が似合うのかまったくわからないので、とりあえず少しずづ着てみることにした。着物の下に着る下着(白襦袢?)の上から、変なクッションみたいなものを背負わされる。(着物を羽織ったときに帯を締めているように見えるように)これでは佐助だ(笑)。自分でも笑える。大きな鶴が沢山飛んでる着物は変だねー、ということで却下。彼にもどれがいいかと聞けば、「でかい鶴が飛んでないやつ」と言う。背が高い人には似合いそうだけどね。

まずは、ピンクが入った赤。かわいらしい感じの着物だったけど、まぁ、あんみつ姫状態。七五三か?という感じで、彼が横で笑っている。背が低くて童顔の私にある意味似合うと言えば似合うのだけど、もう少ししっかりした女に見える方がいい。次にきたのが青地に華やかな柄の入った十二単風の着物。これは襟や袖に重ね着をしているように見えるデザインで、柄も華やかなので結構重い。でもこれが想像以上にしっくりきた。生地の色は落ち着いているのに、柄は華やか。うん、なかなかいいんでない?3番目には黄色に緑などの柄が入ったこれまた派手な着物。これも黄色なのでかわいい雰囲気もでて、意外と合う。係の人いわく、「披露宴会場の雰囲気にもこれは合いますよ~」とのこと。うーむ。

その後、ピンク、紫、緑などの着物を着させてもらったが、結局最初に来た青か黄色のどちらかがいいということになった。自分では赤系の着物がいいかなーと思っていたので、予想外。迷った結果、青地の十二単風の着物に決定!黄色の方もかわいかったけど、やっぱりかなり派手だし、何だか「名古屋」のイメージ・・・・。落ちついた女路線でいくことにした。色打掛けというと赤系が定番なので、少し変わった色合いもGOOD!

私の衣装が決まったところで、彼の衣装へ。男物は4種類しかなく、彼は既に決めていた。着替えるのかなーと思いきや、上から羽織ってハイおしまい。秒殺である。結局彼は私の衣装合わせに付き合っただけであった。ごめんねー。

こんなに色々な着物を着る機会はなかなかないので楽しかったー。成人式や大学の卒業式もジミ目の着物にしていたので、晴れやかな着物を沢山着れて大満足。結婚式以外では絶対着れないもんね。係の人にこっそり「普通はやっぱり式で白無垢着て、お色直しで色打掛けか黒引き振袖なんですか?両方柄物着る人はいないんですか?」と聞いたら、「そんなことないですよー。最近はもうこうだっていう形式はないので、皆さん自由に選ばれてます」と言われ、一安心。私も彼も白無垢はちょっとなーと思っていたので、よかった。ずーっと色打掛着ているのも疲れるしねぇ。親族だけの結婚式でお色直しすることもないかな、と思っていたけど、まぁいいか♪

それにしても式場担当の人といい、衣装合わせの人といい、私をいくつだと思ってるんだー!!そんなに子どもっぽい?バカっぽい?帰りに出来上がった招待状をもらいに行ったら、30半ばくらいの担当の人(男)に「衣装合わせしてきたのー?招待状の宛名書きもがんばってねー」と言われた。皆さん感じがいいので、悪い気はしないんだけどね☆

さぁ、今週末は招待状を出さなくちゃ!

| | コメント (0)

2006年9月25日 (月)

家族で沖縄旅行♪

家族で沖縄に行ってきた~!!!

数年前から沖縄にはまっている私は毎年行っているのだけど、今年は家族を連れて行ってみた。まさか家族でいけるとは思っていなかったよー。では楽しい楽しい旅行を振り返ってみたいと思います!

<1日目>

朝4:30に起きて、朝食を食べずに羽田空港へ。飛行機の座席をとらなければいけないので、早めに出発。まだぜんぜん沖縄に行くという気がしない。かなり早く空港に着いたので、座席も4人そろって窓際をゲット!沖縄に行く飛行機では、左側の窓際がお勧め。着陸するときに、奄美大島からずーっときれいな島々を見ることができる。残念ながら、今回は晴れているのに空が白んでいてエメラルドグリーンの海はあまりはっきり見えなかった。8:05発の飛行機に乗り、10:35ごろには無事到着!

那覇空港に着いたら荷物を置いて、首里城へ。ゆいレールに乗って30分くらい。私はなんと首里まで来るのは3度目。那覇も都会だなぁーと思いつつ、久しぶりの沖縄を眺めるのでした。

首里城は琉球王国時代のお城。今ある建物は戦後復元されたものである。首里城は、沖縄戦で日本軍の司令部が置かれたため、激しい戦闘でほとんどなくなってしまったらしい。というわけで、世界遺産に登録されているのは首里城の建物ではなく、首里城跡なんだってさ。那覇でも一番高いところにあるし、中国文化の影響が色濃く見える場所です。

Pict0217 守礼門。

Pict0218_1本殿。

お昼は首里城のレストランで沖縄そば。私は大好物だけど、家族は初体験!みんなおいしく食べれたかな・・・。

首里城を見終わったら空港へ戻り、リムジンバスでホテルへ。今回のお泊りは「ルネッサンスリゾート・オキナワ」。沖縄ではかなり有名なホテルである。イルカやオウムもいて、南国リゾート気分満点。朝早い出発だったので、バスの中ではみんな爆睡でした~。海岸沿いのルートじゃなくて、高速を使うルートだったから、海を見ながら走れなくて残念!

Pict0231 じゃじゃーん。これがホテル。

Pict0219

今日は疲れたので泳がずにホテル周辺をお散歩。やっぱり海がきれいだねぇ~。はぁー。何度見ても飽きないよ。父は併設されている温泉スパへ行ったけど、いまいちだったということで、女性陣は部屋のお風呂を使うことにした。ユニットバスはあまり好きじゃないなー。外国のホテルのユニットバスは広くていいんだけどね☆

夕飯はホテルのレストラン「海風」で。↑写真にも載っている炭火焼の海上レストラン。缶1本分のビールが780円!には驚いたけど、他の料理はみんなおいしかった。島唄の演奏もあったよ。

1日目は皆さん早めにベッドへ。寝不足なはずなのに、私は良く眠れなかったー。深夜に国道沿いを爆走する車やらバイクやらのせいか??

<二日目>

昨日よりもいいお天気で、お目覚め!お父は昨日一番に寝たせいか、早朝からエンジン全開。まだ眠いのにおなかすいたと言うので、朝ごはんへ。朝食は3つのレストランから選べるんだけど、和定食にした。沖縄料理はあまりなくて、普通の定食。でも干物や煮物、漬物とか全部おいしかったよ。

10時ごろにはビーチへ!!Pict0230_1

うーん、昨日より天気がいいのできれい♪早速シュノーケリング開始。

ビーチの左側の方に小さなサンゴがあって、そのあたりで魚を追跡してみた。おお、結構いるではないか!!

妹とお父も参戦。初めてのシュノーケリングなので、おぼれたりしないようにちょっと緊張した。そして、入れ替わりでお母さんも初挑戦!コツを簡単につかめたらしく、予想以上にぐいぐい進む。遊泳区域ぎりぎりのところに、小さなニモが!!やったー。何だかうれしい。お父はサンゴに足をついて、2箇所ざっくりと切ってしまった。先に注意しなくてごめんよー。痛そうだし、これ以上海に入れなくなっちゃって・・・・。お父とお母がデッキチェアでくつろいでる間に、私は一人でまた魚追跡を開始。あんまりシュノーケリングしている人がいないところまで行ってみる。けど、やはりそういうところにはなんもいない。海草ばっかりだーと思っていたら、浮き輪でばしゃばしゃと妹がやってきたので、二人でのーんびり海に浮いていた。

お昼ごはんはビーチサイドにある食べ物やさんで。私は沖縄の昼食は沖縄そばかタコライス、と大体決めている。特に海で食べるタコライスは気持ちよくて最高!

お昼を食べたら妹とプールでひと泳ぎして、2時ごろにはあがった。3時にはグラスボートに乗って沖へ行ってみる。エメラルドグリーンの海の方へ行くのかと思ったら、もっと深い方だったので少し残念。鑑賞ポイントで船室へ行ってみると、結構大きな魚がいっぱい。みんな窓に釘付けだった。下ばかり向いていて酔ってきたので、鑑賞はおしまい。シュノーケリングツアーに行くと、このお魚とじかに触れ合えます。それも楽しいよ。

Pict0222

沖はこんな感じ。遠くの岸に前に泊まったサンマリーナホテルが見える。

今日の夕食はアジアンバイキング。喫煙席にしたせいか、オープンエアの席で気持ちいい。お父はあまり食べれるものがないかなーと心配したけど、イカ焼きやマグロなど、魚介類が結構あって、意外とベトナム料理やらタイ料理やらを食べていた。ずいぶん変わったね(笑)。ビールも飲み放題だし、ステーキもおいしい!!デザートのケーキも普通のバイキングよりもおいしかった♪みんな大いに飲んで食べて、大満足☆

今日はたくさん泳いだせいか、10時ごろには寝てしまった。

<三日目>

昨日早く寝たので、なんと6:30に起床。お父とお母は朝のお散歩へ。今日も良く晴れてすがすがしい。妹が起きてから、朝ごはんへ。海が見えるバイキングも良かったんだけど、みんなご飯が食べたいというので今日も和食どころへ。私はまたもやペロリ。おいしかったです。

Pict0224 ベランダでくつろぐわが父。

出発までに時間があるので、一人で浜辺を歩いてみた。今日は一番海がきれいに見える!!底まで見えそうだよー。

Pict0225_2 Pict0226

Pict0227 Pict0228

ど素人の私がデジカメで取っただけなのに、こんなにきれい・・・。沖縄に行くたびに思うのが、東京とは空の色が違うなぁということ。なんともいえない色彩です。

最終日は海に別れを告げ、空港へ。空港でチェックインをしていると、なんとまぁ大量の人、人、人!沖縄はこんなに毎日多くの人が出入りするのね。はぁー。大変だ。那覇空港は込み込みでした。

飛行機まで時間があるので、那覇の観光名所、国際通りへ行ってみる。ここは土日の夜ともなれば、観光客と地元の若者で大賑わい。那覇の原宿みたいなものなのかな?今日は平日ということもあって、人通りは少なめ。ずーっと連なるお土産やさんを見て回った。私は自分へのお土産で琉球ガラスのグラスをペアで購入。泡盛を飲むんだー。お母はシーサーを買っていた。沖縄にはちんすこうや紅芋などおいしいものがたくさんあるので、お土産選びも一苦労。色々つい買ってしまう。

国際通りを歩いたら、空港へ戻って昼ごはん。みんな普通のものが食べたくなったらしく、お蕎麦屋さんに入る。私はここでも最後の思い出にと沖縄そば。でもこれはあまりうまくない。普通のそばとうどんはおいしかったみたい。

14:45初の飛行機で一路羽田へ。さらば~沖縄~!!

というわけで、あっという間の3日間だった。那覇はとても栄えているので「沖縄に来たぞ!」という気があまりしていなかったのだけど、東京に帰ってきて、人の多さに圧倒されていたら、やっぱり沖縄はのんびりした空気が流れているんだなーと実感した。そして、またすぐに行きたくなってしまうのが沖縄の魅力なのです。

うちの家族は初沖縄を楽しめたかな?ルネッサンスリゾートは、ご飯とかもあまり沖縄料理がなかったので、初めていく人にはちょうどいい感じかも。私はまた石垣島に行きたくなってしまった。沖縄本島でも十分楽しめるんだけど、石垣島の完全にリゾート化されてない雰囲気もまたいいのよね。本島の方は観光客にもなれていて、その分快適に過ごせるという利点があるけれど、石垣島の方はまだまだ「なんだ、観光客か?」的な視線を感じる(笑)。ものすごく快適に過ごせるリゾートホテル、というのも正直あまりない(笑)。

でも逆に、島で暮らしている人の普通の生活に入り込める感じがたまらない。沖縄本島に行って気に入った人にはぜひ、石垣島にも行って見てほしい。石垣港から他の離島へ行くときの高速船からみる景色はこの世のものとは思えないほどきれい。

東京からたったの2時間半でこんなに美しい景色に出会えるのかと思うと、海外に行こうという気が失せてくる・・・。沖縄で十分満足できちゃうもんね。今回は2回目の飛行機家族旅行だったけれど、みんな元気に無事に帰ってこれてよかったよかった。いい思い出になりました!

| | コメント (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »